【ガンプラ製作記#1】PMX-001 パラス・アテネ ①

こんばんは。

今年の2月に始めたこのブログ、もともとはガンプラの製作過程を記録したり完成品を載せる目的だったのですが、未だやっておりませんでした。

 

が、ついに今回から始まります!記念すべき第一弾は機動戦士Zガンダムに登場し、パプテマス・シロッコが設計した超重攻撃型MS、パラス・アテネの1/144 HGUCキットです。

 

このキットは今年の1月に購入したんですが、きっかけは去年RE/100のナイチンゲールを作って「やっぱガンプラ作るの楽しいな~何かまた作りたいな~と思い、

ナイチンゲールに同梱されていたHGUCシリーズのカタログを見てパラス・アテネかっこいいな!と思ったからです。まあ、昔から好きではあったわけですが。

 

ただ、購入に至るまでに結構悩みました。というのも、この緑の成形色がものすごくチープでいかにもオモチャっぽかったから。

 

ということでいろいろとパチ組み完成品の写真をいろいろネットで調べたりしても全然惹かれず…。

 

そんな時、白いボディにアクセントで紫入れて塗装されてる方の完成写真を見つけたんですね。で、おおカッコイイ!自分も買うならこういう感じにしたいなと。

しかしね、僕は昔からパチ組みしてシール貼ってスミ入れして、たまにスラスター内部とかをガンダムマーカーで塗って、っていう程度しかしてこなかったので、果たして自分に塗装ができるのか、道具は何を揃えればいいのかわからず。

 

というわけでいろいろ調べつつ、とりあえず仮組みしてみました。だいたい4時間くらいで完成しましたね。

 

うむ、やっぱりこのままだとなんかイマイチ…。塗装必須だわ。

でもほんとに塗装未経験だったので、まずラッカー?アクリル?下地?薄め液?合わせ目消し?トップコート?え、塗装前に洗うの?みたいな状態。しばらくネットでお勉強(1月~2月ごろの話です)。

 

とりあえず、パラスアテネのイラストを書いて色鉛筆でカラーイメージ図を書いてみたり(笑)

DSC_1638

 

しかし、塗装の前に。

 

いろいろといろんなモデラーさんの製作ブログを読んでたら、なるほど、こうすればかっこよくなるのか!みたいなのがたくさんあって、これも初体験なんだけどプラ板を使って改造してみようと決意。

どうせ塗装でいじくり倒すならそれぐらいやってみようかと。というわけで、次回はそんな改造について書きます。

 

 

積みプラ近況報告

さて、今年に入ってから12個のキットを購入している私です。
が、なぜそれらについて全然ブログに書かないのかというと、
まだ一つも完成していないからです^^;

 

DSC_1681

 

 
こちらが作業中もしくは作業前の積みプラです。
(プラモデルじゃないのもありますが…)

日によってできる工程が異なるため、
複数同時進行で作業してます。

平日はあまり時間が取れないのでスミ入れのみ、
土日は天気が良くて風が弱ければベランダで下地などスプレー塗装、
土日雨だったり強風だったらお家で組み立てや合わせ目消しや筆塗りなど…

現在制作中のものと進捗はこんな感じ。

HGUC パラス・アテネ
下地と筆塗りやり直し中

HGUC ギラ・ドーガ(レズン・シュナイダー機)
ペーパー掛けまで完了。下地待ち

HGUC ガザC(ハマーン専用機)
組み立て中(上半身まで)

ASSAULT KINGDOM クィン・マンサ
合わせ目消し完了
スミ入れ中

パラス・アテネは1月からやってるんだけど、下地・塗装・合わせ目消し・プラ板使った改造、これらすべてに初挑戦しているため絶賛失敗中!(笑)
もう少ししたら制作過程をアップしようと思ってます。

他手つかずのものは

MS IN ACTION! ザメル ※完成塗装済み商品だけどちょっと手直し予定
MG Hi-νガンダム Ver. Ka
HGUC ズサ(ユニコーンVer.)
HGUC マラサイ (ユニコーンVer.)
HGBF R・ギャギャ
HGUC キュベレイ Mk-Ⅱ(プルツー専用機)
HGUC ヅダ

あとは予約注文して6月配送のHGBF ライトニングZガンダム アスプロス
です。あ、そういえばアクションベースも4つくらい買ったなあ。

年内に全部完成するのかしら…笑

ヅダ

先日またガンプラの聖地・池袋のヤマダ電機7階に行ったんですね。そしたら、HGBFのR・ギャギャが完全に在庫無くなってました!!つまり先日僕がラスイチで買ったのが、本当にその日だけのラスイチではなく長期的なラスイチになったのかも。他の店舗でもドンドンなくなっていくでしょうね。そしてついにR・ジャジャが出るのでしょう(ギャギャ買ったのでジャジャは買わないけど)

 

さて、今月すでにかなりのガンプラを買ってしまっているのですが

また買ってしまった・・・。

 

今回届いたのは「MSイグル―」に登場するヅダです。

まあ本当に僕はファーストガンダム~Vガンダムまでがリアルタイムで、それ以降はつい最近の再ブームが来るまではほぼ放置だったので「MSイグル―」の存在自体を知らなかったんですが。

 

いろいろと、へー最近はこんなキットが出てるんだと思いながら見てて、正直このヅダを始めてみた時はなんだか旧式っぽい感じで何がいいのかよくわからなかったんですが、なんかこないだの金曜にふとパッケージ見たら急にカッコいいなと思ってしまって。それからいろいろ調べたら、ジオン軍がザクとのコンペで不採用にしただとか、出力上げすぎると爆発する欠陥があるとか、何とも言えないトホホなキャラでして・・・

 

そうとわかると、何だか突然にいとおしい!かわいい!萌え!

 

というわけで買いました。本来は迷彩柄ですが、塗装難しいので迷彩にはしないです。かといって成形色も微妙なので何か塗装したいですが・・・ちょっとまだ検討中。いろんな人の制作ブログ見て考えようっと。

 

クィン・マンサ

ついに!以前から予約していたプレミアムバンダイ限定・ASSAULT KINGDOMクィン・マンサが届きました!

すでに書いたか忘れたけど、昔からクィン・マンサ大好きで。だって見るからに強そうだし、でかいし…。

 

発売を知った時にはすでに一次受注は終了していたので、二次受注で発注。これまでも立体化されたことは確か一度か二度はあったと思うけど、いずれもサイズ的に他の1/144のガンプラと比べると小さすぎたんですよね。

 

今回のASSAULT KINGDOMはプラモデルではなく塗装済み完成品のフィギュアだけど関節は良く動くし、とにかくサイズの面ではジャスト。設定上は1/144のガンプラと並べるとこんなもんではないんだけど、これ以上デカイと正直邪魔なので(笑)これぐらいが最適です。

 

では、早速開封!

 

DSC_1667

 

こういう形で入ってると、とてもおもちゃっぽい。

次、中身取り出してみます。

 

DSC_1668

 

セット一式。本体の他は肩バインダー、バックパック、尻のアーマー、アンテナが硬質と軟質二種、平手と握り手、ビームサーベル、ビームサーベルの柄の部分(バインダーに収納)、袖用ビーム、スタンド、あとガムです。そう、これはガムのおまけ。食玩なのだ!14,000円の。

DSC_1669

 

そして組み立ててみた。サイズ比較のため、1/144のザクと並べてみる。うん、ちょうどいいサイズ。ちなみにこのザクは高校の文化祭で100円とかでゲットしたやつです。

 

まあモールドが浅くて少ない、合わせ目が目立つ部分がある、塗装のはみ出しが少しある、ということでわりとチープな作りなんだけど、このサイズでクィン・マンサが立体化されただけでもありがたい。スミ入れとつや消しトップコートしてみようと思います。そうすればもっと締まるかな。

 

 

あと実はこれも届いたのでした。同じくプレミアムバンダイ限定のやつで、前から注文してたやつ。

これについてはまた今度!

DSC_1666

サイコ・ドーガ

実は僕もつい最近まで知らなかった機体なんですが…

サイコ・ドーガ、めっちゃかっこいいですね。

「機動戦士ガンダム逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」のコミカライズ版に登場するMSです。

ああああああああ!!これHGUCでキット化されないかなぁああああ!!!

 

マジで欲しい。色、頭部、肩、シルエット、いろいろ全部が好みな感じ。

osychodoga2

キット化の可能性は…五分五分かな。

一応僕なりに考えたんですが、

キット化されそうな理由:

・去年同シリーズのナイチンゲールがRE/100でキット化。Hi-νガンダムも人気があり、ファン的に同シリーズの他のMSと並べて飾りたいのは当然ということで、それなりに需要がある

・Hi-νガンダムの開発にあたり、鹵獲したサイコ・ドーガのサイコ・フレームを搭載したということで物語上重要な役割を担っている

・イラストを見る限り、頭部、肩アーマー、バックパック、武器&シールド以外はギラ・ドーガのパーツ流用ができ、開発コストが抑えられる

 

キット化されなそうな理由:

・比較的マイナー

・オルフェンズに力入れてる中でマイナーな機体をキット化するか疑問

 

というわけで難しいかもしれないけど、需要ないのかもしれないけど、プレミアムバンダイ限定受注生産でもいいから!HGUCギラ・ドーガはかなりプロポーション良かったから、流用すれば絶対に超かっこいい感じになるはず。バンダイさん、よろしくお願いしますーーーっ!!

 

いつになく興奮気味なのでした。

 

 

 

 

ライトニングZガンダム アスプロス

さて、前回からの続きです。

二十数年ぶりにガンダム系MSのプラモデルを買ったのですが
わずかその数時間後にまた新たなガンダム系MSのプラモデルを買ったのでした。

何を買ったかというと、「ライトニングZガンダム アスプロス」というキットです。
プレミアムバンダイ限定商品で6月発売、現在予約受付中です。

もともと僕はガンダム系MSの中ではZか、Sガンダムくらいしか好きではなくて。
というのも、いわゆる白・赤・青・黄のガンダムカラーが好きではないんですよね(全ガンダムファンを敵に回す発言)。

先日買ったHi-νガンダムは黄は胸のダクトのみだし、赤は使われていません(デカールには使われてるけど)。
この、ライトニングZガンダム アスプロスも白とグレーとパープルがメインで、
いわゆるガンダムカラーではないんですね。

それが惹かれた理由です。

そもそもこのライニングZガンダム アスプロスというのは
何なのか?というと、これまた先日のR・ギャギャと同じくビルドファイターズというシリーズのものらしいです。

アニメは観たことありませんがいわゆる連邦VSジオンの戦争というストーリーではなく、
ガンプラ好きの少年少女たちがプラモデルを改造してゲーム風にバトルをする
というストーリーのようです(間違ってたらごめんなさい)。
僕らの時代では「プラモ狂四郎」という漫画がありましたね。
シミュレーションゲーム、未来的で憧れたなあ。

1174397562
さてライトニングZはまずオリジナルのZカラーでキット化されたようなんですが、
これのAmazonレビューが恐ろしく評価高い。
プロポーションが最高、造形が最高、Zの中でも最高峰、などなど…。
ただやはりZも、黒や青の占める割合が増えたとはいえガンダムカラーなので買うには至らず。

51QUAHoEiZL._SX342_
そこでこのアスプロスですよ。
色、めちゃくちゃかっこいいですね。当然カラーリング以外の要素、プロポーションなどは
流用だと思うので、このカラーで最高峰のプロポーションです。
サンプル写真を見ただけでも「かっけー!」ってなりますね。
6月が本当に楽しみです。

Hi-νガンダム Ver.Ka

これは、事件だ。

 

数年ぶりに空前のガンプラブームが来たアラフォーの僕ですが、以前も書いたように僕はガンダムというMSがそこまで好きではありません。

 

ジオン系のMSが好きなのです!ということでこれまでの記事もすべてジオン系MSについてだったんですけど。

 

ついに、「かっこいい!」と思えるガンダムと出会えましたよ。Hi-νガンダム。

 

とりわけその中でもカトキハジメ氏によるVer. KaというMGキット。

これ、めちゃくちゃかっこいいですね。鋭い目つき、細マッチョというかメリハリのあるボディ、紫がかった青を基調としたカラーリング。どれをとってもサイコーです!

というわけで、早速買ってきましたよ!作るのが楽しみです。

 

それにしても、ガンダム系というか連邦系MSのプラモを買ったのは・・・

F90 Y typeクラスターガンダム以来だから、かれこれ20数年ぶり!?

DSC_1408
アンテナ片方紛失(笑)

まあその間、ガンプラに興味ない時期があったにしてもね。久々にガンダムですよ。

 

ところが、驚くべきはこれだけではなく。

 

20年数ぶりにガンダム系MSを買ったというのに、それから数時間ぶりに新たなガンダム系MSを買ってしまったのだ!

(続く)

 

R・ギャギャ

どうも。前々回のエントリーで、R・ジャジャについて書きましたね。

今日はR・ギャギャについてです。

 

今日、たぶんガンプラの売り場面積としては日本最大規模かな?まあ都内某所のガンプラの聖地に行ってきたんですが、ちょっとびっくりしたんですよ。

 

なんと、ガンダムビルドファイターズのR・ギャギャの在庫がラスイチ!

近くにある別の売り場に行ったら、在庫ゼロ!

つい先月まではたくさんあったのに!

 

で、思ったわけです。ははーん、やはりもうすぐHGUCのR・ジャジャが出るなと(確信)。

 

ガーベラテトラの例もあったからですが、いわゆる金型流用の商品を出す時って、

古いほうの生産をストップするんじゃないでしょうかね。

以前書いたように、R・ジャジャがHGUCで出るのは100%確定だと思うし出るとしたらZZ放送30周年である今年だろうと。

 

で、ついに生産体制に入ったのではないかと思うわけです。

 

それはさておき、僕はR・ジャジャのエントリーではこんなこと言ってました。

 

ビルドファイターズというのはどんなものなのかよくわからないのでギャギャは興味がないけど、ジャジャは欲しい!

 

なので、本来であれば売場からギャギャの在庫がなくなって、いよいよジャジャが来るなというのは嬉しいはずだった・・・んですが。

 

 

最近思ったんですよ。

 

ジャジャよりも、ギャギャの方がかっこよくね・・・?

 

 

確かにあの肩のシールド、あんまり好きじゃないんだけど。

でもシールドは腕にも持たせられるみたいだし。

ガトリング砲付いてるし。

サーベルを2本合わせるギミックあるし。

赤よりグレーの方がカッコいいように思えてきたし。

ツノよりもトサカの方がカッコいいように思えてきたし。

 

てことで、たとえジャジャが出ようが、ここはギャギャを買おう!!

 

と思いまして、今日買いに行ったらラスイチだったというわけです。

いやー、良かった。もちろん買いました。

 

ただ、やはり成形色はちょっと微妙なので、ちゃんと金の部分は金で塗る予定。がっつりウェルドライン入ってるし。

 

あと、薄いグレーの部分は白く塗った方がかっこよさそう。

シールドに付けるビームサーベルパーツでR・ジャジャっぽい肩のツノも作りたいですね。

 

完成したらこのブログに写真載せます^^