【ガンプラ製作記#1】PMX-001 パラス・アテネ ①

こんばんは。

今年の2月に始めたこのブログ、もともとはガンプラの製作過程を記録したり完成品を載せる目的だったのですが、未だやっておりませんでした。

 

が、ついに今回から始まります!記念すべき第一弾は機動戦士Zガンダムに登場し、パプテマス・シロッコが設計した超重攻撃型MS、パラス・アテネの1/144 HGUCキットです。

 

このキットは今年の1月に購入したんですが、きっかけは去年RE/100のナイチンゲールを作って「やっぱガンプラ作るの楽しいな~何かまた作りたいな~と思い、

ナイチンゲールに同梱されていたHGUCシリーズのカタログを見てパラス・アテネかっこいいな!と思ったからです。まあ、昔から好きではあったわけですが。

 

ただ、購入に至るまでに結構悩みました。というのも、この緑の成形色がものすごくチープでいかにもオモチャっぽかったから。

 

ということでいろいろとパチ組み完成品の写真をいろいろネットで調べたりしても全然惹かれず…。

 

そんな時、白いボディにアクセントで紫入れて塗装されてる方の完成写真を見つけたんですね。で、おおカッコイイ!自分も買うならこういう感じにしたいなと。

しかしね、僕は昔からパチ組みしてシール貼ってスミ入れして、たまにスラスター内部とかをガンダムマーカーで塗って、っていう程度しかしてこなかったので、果たして自分に塗装ができるのか、道具は何を揃えればいいのかわからず。

 

というわけでいろいろ調べつつ、とりあえず仮組みしてみました。だいたい4時間くらいで完成しましたね。

 

うむ、やっぱりこのままだとなんかイマイチ…。塗装必須だわ。

でもほんとに塗装未経験だったので、まずラッカー?アクリル?下地?薄め液?合わせ目消し?トップコート?え、塗装前に洗うの?みたいな状態。しばらくネットでお勉強(1月~2月ごろの話です)。

 

とりあえず、パラスアテネのイラストを書いて色鉛筆でカラーイメージ図を書いてみたり(笑)

DSC_1638

 

しかし、塗装の前に。

 

いろいろといろんなモデラーさんの製作ブログを読んでたら、なるほど、こうすればかっこよくなるのか!みたいなのがたくさんあって、これも初体験なんだけどプラ板を使って改造してみようと決意。

どうせ塗装でいじくり倒すならそれぐらいやってみようかと。というわけで、次回はそんな改造について書きます。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中