【ガンプラ製作記#1】PMX-001 パラス・アテネ ②

パラス・アテネの製作の続きです。

あらかじめ言っておくと、今書いてることは2ヶ月くらい前のお話です。

製作しながら書いてるわけではありません~。

 

ということで、仮組みしてから、さて塗装は一体何を買って、どうやればいいんですかね?という段階から

 

・筆

・塗料皿(厳密に言うと、筆数本と塗料皿2つのお得なセットのやつ)

・クレオスの水性ホビーカラー 白

・クレオスのMr.カラー パープル

・クレオスのガンダムカラー MSファントムグレー

・クレオスのMr.ベースホワイト

・クレオスのMr.レベリングうすめ液 エアブラシ用(特大)

 

を購入。エアブラシ?と思うかもしれませんがレベリング薄め液は筆塗りでも普通に使えるみたいで、実際問題なく使えました。

 

ではまず、下地からということで…

ふむふむ、パーツをばらしてランナーの余りをぶっ刺して段ボールにさせばいいのね!!

 

ではネットで調べた通りスプレーをよく振っていざ噴射!!

 

しかし、これが最初の僕の失敗でした。

 

DSC_1587

 

 

(;・_・)・_・) 笑わないでください(;・_・)・_・)

 

まず、段ボールの使い方そうじゃねーよっていう(笑)

まあこの時はリサーチ不足でしたね。段ボール細く切って蛇腹折りにすれば立つだろうと。

 

案の定、全く安定しないのでスプレーの勢いで倒れたりとかしました(当たり前)

 

んで、最初の失敗というのがですね、まあ要は横着したわけです。これ、白く塗りたいわけだから、下地だけで足りるんじゃね?と。

結果、全体がしっかり白くなるまで厚塗り。しかしまだ濡れていないところもある。さらに噴射。当然その周りも厚塗り。もっと近づければピンポイントで塗れるぞ!近くで噴射。

 

あああああああああ!!なんか泡吹いてる!

 

これ、スプレーで初心者がよくやりがちな失敗らしいです。近づけすぎるとプラの表面で泡吹いちゃうんですよね。でも僕は良くわからないもんだから、乾燥中に泡なんて弾けて消えるだろうと。

 

ちなみにベランダに新聞紙敷いて段ボールでカバー作ってスプレーしたんですけど、まず臭いし予想以上に飛び散るしでもう大変でした。新聞紙剥がしたら周りが白くて、新聞の跡付いちゃって…笑 もうスプレーは二落としない、って思いましたね。

 

さて、数日乾燥の後、見てみると泡がそのまま固まってるんですよ。調べると、もうヤスリで削って落とすしかないみたいで。

 

しかもこの下地を紙ヤスリで落とすの、大変なんですよ。プラならちょっと削って詰まってきたら濡らしたり払ったりすればまたちょっと使えるけど、下地は削ってると白い塗料が溶け出すみたいな感じになって、手は真っ白になるしすぐにヤスリの目は詰まるし。

しかもヤスってたらエッジは取れるしモールドも消えかけるしでもう大変!

 

想像してたよりも全然下地のスプレーって大変だ!

 

(というか、下地で完全塗装しようとしたのがまずいんだけどね…)

 

ということで、初塗装の奮闘記は続きます。

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中