【ガンプラ製作記#2】AMS-119 レズン・シュナイダー専用 ギラ・ドーガ ②

はい、ではギラ・ドーガのレズン機進めていきます。まず、改造が必要な個所はなさそう。ほんとめちゃくちゃプロポーションいいですね。スパイクも変に尖らせることなく、そのままいきます。

 

まずは前回パラス・アテネで水性ホビーカラーのノリの悪さを痛感したので、全体をヤスリで粗くするっていうのをやりました。1000番がちょうどいいですかね。

ただ、ABS樹脂のパーツはそのままでわりとメタリックな質感が出ているので、むしろヤスリかけなくてよかったかな。

ついでに部分的に合わせ目消しもやりました。初挑戦です。

ヤスリが終わったらサフ吹き。パラス・アテネの時はベースホワイトでやったけど、今回は全体的にダークカラーなのでグレーでやりました。

DSC_1680.JPG

見よ、この進歩!

段ボールを切って貼り合わせて台を作り、100均で竹串を購入。ジョイント部分はちゃんとマスキングテープ張り。はめて問題ないパーツははめた状態でサフ。パラス・アテネの時は全部バラして、マスキングもせずに吹いたのでパーツがハマらなくなったりしました。当たり前だけど失敗(笑)。今回はその教訓が生きてます。

ちなみに一番手前の足は、テープがはがれて串が突き抜けちゃった図。

 

サフが乾いてからいよいよ塗装。まだいくつかの塗料を混ぜるとかの技術がないので、とりあえずクレオス水性ホビーカラーの「コバルトブルー」と「ミッドナイトブルー」を使いました。黄色い動力パイプはそのまま。

あとはガンダムマーカーのメタルシルバーと、バーニア部分とシュツルムファウストにメタレッドを使用。

DSC_1689

 

 

足の裏はがんばった!メタレッドとメタルシルバーで色分け。あとバックパックも設定カラーと少し異なる分け方をしてます。

コバルトブルーは、そのままでかなりレズン・カラーのイメージに近くなりました。ミッドナイトブルーはちょっと緑がかって見えるので、2回目は少しコバルトブルーを混ぜてみたら濃い紺に。

 

あと、製作中の写真を撮り忘れてしまったんだけど腕や足に露出しているシリンダーをメタルシルバー、色分けされていない足の動力パイプをガンダムマーカーのイエローで塗装。マーカーは昔から使っていたけど、ちゃんとマスキングテープを使って塗るのは今回が初めて。

 

てことで今回はここまで。次回で完成です。ていうか、ブログに載せるの慣れてないから製作中に全然写真撮れていないのです(笑)そんな余裕ないんだよな~。今度からもう少し撮るようにします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中