ガルスJ

言い忘れてましたが最近ガンダム・ガンプラ専門のTwitterアカウント作りました。

@nayuta_fukashig

よろしければフォローお願いします。

 

さて、本日のお題は『機動戦士ガンダムZZ』に登場した機体、ガルスJです。
前回の「ガブスレイ」の話題の時にもちらっと登場したのですが…

garusuj
今気になっているのは、HGUCキットのガルスJは出るのか?出ないのか?
ということです。これについていろいろと考えてみました。

で、その結果

『出ない!』

という結論になりましたー。残念(^^;)
その理由を挙げる前に、まずは。

2014年に発売されたHGUCシュツルム・ガルス。
ガルスJのどっしりした体型とは違い、
だいぶ今の時代っぽくスタイリッシュ。
設定上は50%も軽量化してるんだとか。

garuss

 

このシュツルム・ガルス、全体的なフォルムはとても好きです。
特に頭部がキュベレイっぽさあって好きですね。
ただ、肩部分がフレーム剥き出しなのと
腰回りのアーマーが短いのと、
水色というカラーリングがイマイチ気に入らなくて
キットの購入は見送っていたのでした。

シュツルム・ガルスが出たということは、これはバリエーション展開で
ZZ版のガルスJもHGUCキット化か?
と思い、冒頭の考えに至ったワケだけど、出ないと思った理由はこうです。

①ガルスJにするには新規パーツが多過ぎる。
肩アーマーに腰回りのアーマーに、
スネ周りのアーマー、バックパック、
両脇のミサイル、頭部のアンテナなど。
シュツルム・ガルスから流用できるのは
ほぼフレームのみ。
ランナーも流用を意識した作りになっていない。

②ユニコーンVer.のズサはHGUCでキット化されたが
ZZ版はプレバン限定だった。
しかもそんなに売れなかったらしい。

新規パーツがほとんど少ないZZ版ズサですら
プレバンだったのだから、
新規パーツが多数必要で開発コストがかかるガルスJは
確実に一般ではなくプレバン。

④シュツルム・ガルスが定価2592円だったことを考えると
新規パーツを足してプレバンの送料も加えると確実に3500円を超える。

仮に、ガルスJでは余剰となるシュツルム・ガルス用のパーツを
無くしたとしても3000円以上にはなる。
しかしガルスJという、そこまで人気の高くない機体が
その価格帯でも需要があるとは考えにくく、
バンダイ側も同様に考えているはず。

もしかしたらシュツルム・ガルスの商品化企画時には
ガルスJも視野に入れていたかもしれないが、
現在は立ち消えているだろう。

⑤その証拠に、シュツルム・ガルス発売から2年近く経っているのに未だガルスJは出ていない。
もし出すなら、ZZ放送30周年であり、HGUCシリーズのリリース自体が停滞していた
2016年に出すべきだった。

こんな感じです。なのでここは腹を括って
シュツルム・ガルスを購入し、かつ旧キットのガルスJも買って
改造しようかなと。9月末に旧キットのガルスJは再販されるみたいだし。

安いところを探せばトータル2000円くらいでいけるかな?

 

ちなみにガルスシリーズは、下の画像のようにいくつかあるみたい。

garus

 

シュツルム・ガルスをベースに、肩アーマーと腰回りのアーマー、

ブレードアンテナ、バックパック、ふくらはぎのアーマーを旧キットから移植して

色はガルス・K(肩にキャノンついてるやつ)のどちらかみたいな

茶系の色に塗ろうかなと思ってます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中