【完成版画像集】EMS-10 ヅダ

去年の10月頃から作っていたヅダがようやく完成!部分塗装と、付属のマーキングシールまでは去年のうちにできていたけど仕上げのトップコートがまだで。というのも行きつけのお店でずっとトップコートが欠品してまして…。

 

というわけで画像をちょこちょこ。しかし本当に出来がいいキットだと思います。

 

DSC_3430

 

DSC_3429

 

135mm対艦ライフルをかまえて。長い!この武器目当てで買う人も多いとか?

DSC_3431

シールドに付いたシュツルムファウストはキットでは1本のみ付属。せっかく取り付け口があるので部品注文でもう1本足しました。モノアイはシールだけどクリアパーツのゴーグルが付いてます。

腕は3重関節?で引き出せるのでいい感じでライフルが構えられます。

 

DSC_3432

部分塗装箇所はシュツルムファウスト先端と背後の「土星エンジン」をガンダムマーカーのメタレッド(かなり重宝してます、一家に一台あると便利)。あとは肩部分とヒートホークの刃にガンダムマーカーのシルバー。胸とお腹の紺の部分をクレオスMr.カラーのネイビーブルー。ヒートホークの柄の部分も設定上は緑だけど同じ色で塗ってしまいました。あとは白いラインをガンダムマーカーのホワイトで。

DSC_3433

土星エンジンのメタレッド、ムラやハゲができてしまったけど却っていい感じに。

 

DSC_3434

細い白いライン、めっちゃ大変だろうなと思っていたけど、想像以上に簡単でした。溝になっているのでガンダムマーカーの先でなぞるだけ。たまにはみ出した場合は、綿棒の先に薄め液シンナーを付けてこするときれいになります。

 

DSC_3435

DSC_3436

特に肩と脚の可動域がすごい!

 

DSC_3437

「もらったああ!!」

 

DSC_3438

マーキングシールはちょっと大きめにカットされてるので、カッターで余白をギリギリまで切るといいです。

 

【ガンプラ製作記#4】MG 1/100 RX-93-v2 Hi-vガンダム Ver.Ka ②

MG Hi-vガンダム Ver.Kaの製作の続きです。

前回まではこちら

 

さて、ファンネルが完成し全体を組み立てましたよ!!

DSC_3424

うおー!かっこいい!グレーで薄めにスミイレしています。

 

DSC_3425

正面から。

 

DSC_3426

背後から。

 

DSC_3428

バックパックを取り外した状態。ただ、このバックパックちょっと外れやすいし、外れたはずみでプロペラントタンクも外れがちなのが難点。重いんだからもう少しカチッとはめたいのだけど、ステーパーツと干渉してしっかりハマらないし、外そうとすると背中と頭部まで外れてしまったり。

 

DSC_3429

スタンドに付けてポーズ。

 

DSC_3430DSC_3431DSC_3433

ファンネル展開!!ファンネル外す時、基部ごと外れてしまいがち…

 

DSC_3436

腕のガトリング砲が展開。

 

DSC_3437

肩アーマーも開きます。

 

DSC_3438

スカートやふくらはぎのパーツも展開ギミックあり。膝裏のパイプはガンダムマーカーで塗装しています。

 

というわけで、デカール作業開始。かなり数が多いうえに、ファンネルのデカールが大きいので苦戦しそう。デカール貼ったらつや消しコート吹いて完成としたいと思います。

DSC_3440

【ガンプラ製作記#4】MG 1/100 RX-93-v2 Hi-vガンダム Ver.Ka ①

こんにちは!久々のガンプラ製作記です。完成が見えてきたので。

 

2017年になり、何から作ろうかなーと思ってRE/100バウの製作を始めたものの、思うところあってものの30分で中断し、Hi-νガンダムに切り替えました。なぜなら

 

冬は寒くて塗装するのが億劫なので、なるべく塗装しなくて製作時間のかかるやつを!ということです。(僕はスプレーの場合はいつもベランダで作業しています)。

 

そんなわけで作業開始。

DSC_3350

コックピットから作っていくのって、なんか本当にメカを作っている気分で楽しいですね。まず座っているアムロやシートを作り、コックピットの外壁のブルーのクリアパーツの中に入れ、その周りの外装を作っていくという流れ。

 

DSC_3351

コックピットハッチはスライド式でオープン。この時点でもうアムロの足しか見えない…

 

DSC_3355

組み立てながらスミイレもしていきました。スミイレはグレーで薄目に。

 

DSC_3358

ここが開きます。製作1日目はここまで。

 

DSC_3360

製作2日目。フェイスパーツからです。が、バリ取り中にぐにゃっという感触がありこの通り…

 

ここめちゃくちゃ細くてヤワですね。製作時最も注意が必要な個所です。もう少しで分離してしまうところを寸前で阻止。

 

DSC_3361

カメラアイはシールも付いているのですが、せっかくのクリアパーツなのでフチを黒ペン(スミイレ用の細いやつ)で塗装。裏にホイルシールの余白を仕込んで反射率を上げます。楊枝の上に乗っているのが奥のクリアパーツ。LEDライトを仕込んで光らせるためにここがクリアパーツなのですね。

 

DSC_3362

ちょっとわかりづらいけど、額のセンサーの裏にもホイルシールの余白を貼ります。

 

DSC_3364

すると、反射しやすくなりました…ん、写真だとわかりずれえwww

 

DSC_3367

2日目はここまで完成。うーん、中途半端な状態。顔のゆがみはパーツはめたらなんとか直りました。

 

DSC_3374

3日目はここまで完成!脚なんて飾りです。

 

DSC_3375

早く自立した~~いい

 

4日目の作業スタート。MGなだけになかなか時間がかかります。ただ、パーツがなんか柔らかいのでそれほど大変ではなかったです。結構簡単にバリ取りできたし、目立たないところにあるし。ちゃんと考えられているなあ。

DSC_3376

脚の製作は結構大変でした。フレーム含めパーツの多さがすごい。4日目は片足のみで終了。

 

DSC_3380

5日目は片足のフレームまで!シリンダーとパイプはガンダムマーカーのメタリックシルバーで塗装。

 

DSC_3383

6日目、ようやく両足が完成し自立しました!!

 

DSC_3384

後ろ姿。でもこれで工程の半分といったところ。

 

DSC_3388

7日目はバックパックの一部を製作。これにファンネルが付くわけですな。

 

DSC_3401

8日目。バックパックが完成し、プロペラントタンクやステーパーツ、ビームライフルも完成。

 

DSC_3415

9日目はバズーカとシールドを製作。

さあ、あとはファンネル製作のみ!

でも…なんかやたらとランナーにパーツが残っている…???

 

DSC_3414DSC_3416

なんだこの細かい部品たちは~~~!!めんどくせー!!「×12個作る」とか初めて見た気がする。

 

DSC_3417

ファンネル製作、ナメてました。なかなかの部品数だ。同じものをいくつも作るのって心が折れますね。

 

そして組み立て…次回へ続きます。

ガデッサとガラッゾ

ガンダムOOって一回も観たことないんですけどね。

というか、1年前までそんなガンダムシリーズがあったことすら知らなかったくらいですが。

 

先日、最近ちょくちょく見ている「ガンダムまとめ速報」を見ていたらこんな記事がありまして。

【画像】ガンダム00の敵MSデザインってカッコいいよなwwwwww

 

でも僕はモノアイ系MS好きなんで、正直宇宙世紀以外のMSはほとんど興味がない、というか惹かれないんですよ。でもとりあえず何気なく読んでて。

 

お、これはかっこいいな!っていうのがいました。その名はガラッゾ。

 

20090715124043-62649

 

これはヒリング・ケア(って、語源はHealing Careから?)専用機という機体のカラーなんですが、紫系の一般機?よりはこちらの方が好きですね。

 

あと、そのお仲間のガデッサ。

a00000712982

 

ツインアイだけど、なんかかっこいい。武器もかっこいい。なんでも「ガ系」と言われるらしく、この辺りのグループはみな「ガ」から始まる名前らしいですね。全然知らなかった。ガガとかもいるのね。

 

ぶっちゃけどっちがガデッサでどっちがガラッゾかまだ覚えてない…

 

しばらく再販がされていないようで最近は店頭で見掛けないらしく、Amazonとかでもちょっとお高め。再販してくれないかなー。