【完成版画像集】レギンレイズ・ロザミア(レギンレイズジュリア ミキシング作品)

さて、レギンレイズジュリアのミキシング製作が終了しました!ミキシングは初挑戦だったのですが、いろいろと設定のイメージを膨らますのがとても楽しかったです。今後もガラッゾやマンロディなどミキシングで製作予定です(少し進んでます)。

レギンレイズジュリアの製作記はこちら

 

さて今回はコンセプトが「ロザミア・バダム専用機」「バウンド・ドックのオマージュ」ということで、素体のレギンレイズジュリアが持つケレン味を活かしつつ、宇宙世紀っぽさや強化人間専用機っぽさ、そして変形機構を取り入れました。ちなみに全て筆塗りです。

DSC_4692

DSC_4694

DSC_4696

バックショット。背部には偵察用の子機としてBB戦士バウンド・ドックのMA形態をマウント。ネオジム磁石で接続しています。百均で買ったんだけど便利ですね。強力すぎて困るくらい。

 

DSC_4692

DSC_4693

各所のグリーンの動力パイプはリード線を使用。また、脚部にはバイアランカスタムのアームを装備。

 

DSC_4698

レギンレイズジュリアは脚部を変形させないと自立できなかったけど、こちらはカカトがあるので自立が可能です。

 

DSC_4699

パーツとしては腕と腕カバーにノイエ・ジール、右肩にBB戦士ギラ・ドーガ、脚部にバイアランカスタムのアーム、お腹にガンダムキマリスの余剰パーツ、ウエストの延長にレギンレイズジュリアの余剰パーツ、子機のバウンド・ドックMA形態の底部にBB戦士ジオングのバーニアを使用。

 

DSC_4702

ジュリアンソードの装甲部分はリアアーマーに接着しました。

 

さてここからが本番。バウンド・ドックのようにMAには変形しませんが、殲滅モードに変形します。

DSC_4708

ケレン味の塊のような異形のフォルム!!殲滅モードの際、子機は分離します。

DSC_4709

お気づきかと思いますが、バウンド・ドックの脚にあたる部分はレギンレイズジュリアの改造で余剰となったハンドパーツを使用しています。…しかし、アクションベースにピント合わせてどーする…笑

 

DSC_4712

真横から見ると異形感がすごいです。

 

DSC_4717

あ…リアアーマーに思いっきりジオンマーク入ってるんですが、これは完全にミスです。ロザミア機ということをつい忘れて設定ガン無視して貼ってしまいました。

 

DSC_4718

BB戦士バウンド・ドックの耳を付けたのは遊び心というか、オマージュ。

 

一番苦労したのは頭部のアンテナ。腕カバーを変形時に被せられるよう、このように開閉式に。

 

DSC_4719

姉妹機とも言えるバウンド・ドックとツーショット。バウンド・ドックはプラモデルでは未キット化機体のため、こちらはMS IN ACTION!!です。サイズは同じくらいですね。

 

敵対勢力系のMSを機体の色別で分け、4機編成の小隊を作っているのですが、これで赤の小隊が揃いました。小隊長はROBOT魂のゲーマルク。ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)は造形的な好みからHGではなくHCM-PROなので小さめです。

DSC_4700

赤いMSってもっと他にいろいろあるのになぜこのチョイス?となるかもしれませんが、シャアやシーマ様の搭乗機は別の部隊所属、というかラスボスとか親衛隊的なところにいますのであしからず。

 

DSC_4729

オマケの親子(?)飛行。かわええなあ。

 

 

 

 

広告

【ガンプラ製作記#5】HGIBO 1/144 レギンレイズジュリア

久々のガンプラ製作記です。と言っても書いてるもの以外もちょいちょい作ってるんですけどね。

今回は『鉄血のオルフェンズ』シリーズからジュリエッタ・ジュリスの搭乗機でありラスボス的機体であるレギンレイズジュリアを製作しました。ちなみにほぼ完成してから製作記を書くというスタイルです笑

 

鉄血シリーズからHGを製作するのは今回が初です。これまでに製作したのは1/100フルメカニクスのガンダムキマリス(ブースター装備)とキマリストルーパーだけでしたからね。

ネオジオンやティターンズ系のケレン味のあるMSが好きな僕にとって、鉄血シリーズの中ではレギンレイズジュリアは設定画が公開された当初から気に入っていました。

DSC_3804

DSC_3810

 

 

DSC_3806

うん、トゲトゲした感じがかっこいい!

 

ただ、やはりモノアイ系にしたいなと思ったのと緑と白という組み合わせが気に入らなかったので色を変えたいなと。頭部の緑と白の境目を広げればモノアイスリットっぽくなるかな?

カラーリングに関しては、赤系が似合うのかなーと。最初の案ではライラ・ミラ・ライラの搭乗機として、ガルバルディβ風のカラーを考えていたんですが、途中でバウンド・ドック風カラーにしてロザミア・バダム搭乗機にしようと決めました。

 

イメージイラストがこちら。

3f834918-s

適当な感じですいません笑 ただ、イメージだけつかめればいいかなと。

 

後は、ミキシングしようといろいろ遊んでみました。ちょうどノイエ・ジールをHGM 1/550 からガンダムコレクションのやつに切り替えたので、HGMの方がジャンクになったのでここからいろいろ持ってこようかと。

DSC_3812

 

なんと、ノイエ・ジールの腕が無改造で付きました!これは良さげですね。

 

尻尾みたいなタンク部?これは何かに使えそう…

 

dsc_4209.jpg

ふくらはぎの装甲をいろいろいじくりまして

 

DSC_4211DSC_4212DSC_4216

 

頭部はいろいろとバラシて、パンの袋を縛る針金で細工。そして…

 

dsc_4667.jpg

 

いざ塗装!筆塗りです。

 

DSC_4669

 

あ、いろいろエッジも尖らせておきました。ジュリアンソードとつま先のソード。それぞれ左は加工前、右が加工後。

 

次回、完成画像を掲載します^^

 

 

【機体語り】ザク

またまたお久しぶりです。最近忙しいな…

 

さて、これまでもいろんなMSについて語ってきましたがカテゴリを「雑談」としていたのを、今度から「機体語り」としたいと思います。で、今回のテーマは「ザク」。

 

最近気付いたんですが、僕はHGシリーズ始まって以来ザク系のプラモデルを作ったことがなかったです。旧キットでは、確かZガンダム放送時に1/100のハイザック作った記憶があります。

別にザクが嫌いなわけではないんですけど、やっぱりティターンズやネオジオンの機体、可変機やケレン味のあるMSが好きな僕にとって、ザク系ってちょっともっさりしてるというか。シンプル過ぎというか。

ギラ・ドーガは果たしてザク系に括っていいのかわからないけど、これだけは去年作りましたね。でもいわゆる「ザク」と名前が付くものは、数多くキット化されていますが作ったことなし。

一応、旧HGのキットだけ持ってます。これは高校の文化祭で完成品を買ったやつで、ジャンク品みたいなやつ。トマホークもマシンガンも付いてないし。

 

しかし最近はザクの魅力にハマりつつあります。まず今月、ザクⅡ F2型連邦カラーのHGを購入。初のザク購入です。そして来週にはジ・オリジン版ザクⅡが出ますね。これかっこいい!

153_2035_o_1bhopi3a74u8105a1iul10qsirv23

さらに11月には、ザク・ハーフキャノンなるものが出るんだとか。こんなMS知らないよー、という感じなんですが、これもかっこいい!

 

155_2087_o_1bo9iea8t19f3j6v1ojf46fiic2d153_2087_o_1bo9ie0oc17pnfdt1g6m1oqgmqq23

 

世間的には普通のザクキャノン出してよという声も多いみたいですが、僕はザクキャノンよりもこっちの方が好きかな。右肩アーマーだけはザクキャノンの方が特徴あってかっこいいかも。

ということで、どっちも購入予定。あと最近ROBOT魂では一年戦争系MSVのA.N.I.M.E.シリーズが展開しているけど、サイコミュ高機動試験用ザク、通称タコザクも出てほしいですね。サンダーボルトにも出てきたし、フラグ立ったんだけど…早く出て!!

20100721041810d54.jpg