【完成版画像集】ファントム・アッシマー(ガイア専用機)

今回はHGUC「アッシマー」のグリーン・ダイバーズVer.をドム風カラーで塗装したオリジナル設定の機体、ファントム・アッシマー(ガイア専用機)です!作り始めたのは去年の9月からで、ノロノロ作業してたら完成に半年近くかかってしまいました。

DSC_3631

 

もともとアッシマーはツラ的にもカラー的にも好きな機体ではなかったのですが、手首も収納できたりと完全変形機構としてはHGUC史上最高と呼べるほど高評価ですし、可変MS好きとしては「可変の工程」そのものにはそそられました。そんな時ふと、「顔のモノアイ部分を上下逆にしてみたらかっこいいじゃね?」と思い、またドム風のカラーで塗装したら似合いそうだと思い購入。

可変機ということで、筆塗りだとうまくカチッと変形できないのでは?と思い初めてのスプレー塗装をしました。黄色と緑のアッシマーよりも紺色のグリーン・ダイバーズVer.の方が塗装が楽そうだと思い、それをベースにししてます。

エアブラシは持っていないので、市販のスプレーを色調合せずそのまま使っています。使用したスプレーはクレオスのつや消しブラックとMSパープル。他、赤い部分はモンザレッドで筆塗り、グレーはMS汎用グレーで筆塗り。ビームライフルの緑のセンサーとMA時に露出する緑の部分はガンダムマーカーでの塗装です。

適当に何枚かポーズ付きで。

DSC_3633

DSC_3634

DSC_3635

 

さて、MA形態に変形!しかし変形中に塗装があちこち剥がれるというスリルを味わいながらでした。設定では0.5秒で変形できるようですが、塗装が剥げないように慎重にやってたら5分以上かかりました。ま、案の定ところどころ剥げましたけどね。

DSC_3629

DSC_3630DSC_3628

DSC_3626

なぜかこの変形途中の姿が気に入ってしまい、いろんな角度から撮影してしまった…。

 

そしていよいよMA形態完成!

DSC_3618

DSC_3622

DSC_3624DSC_3623

DSC_3625

DSC_3619

DSC_3620

 

いわゆる「ガウォーク形態」にもなります。やだかわいい…

DSC_3643

さてここでオリジナル設定ならではのオリジナル・エピソードです。今回「ガイア専用機」としていますが、そうですあの「黒い三連星」のガイアです!

 

「ファントム・アッシマー(ガイア専用機)」オリジナル設定エピソード

一年戦争時、黒い三連星はオデッサにてガンダムに敗れ、そのリーダーであるガイアは瀕死の重傷を負いながらも地球連邦軍によって保護されなんとか一命を取り留めた。「白いヤツが…来るっ…!」「オルテガ、マッシュよ、必ずカタキはとるぞ…!(ガバッ)」悪夢にうなされながらも長い昏睡状態から目が覚めたその日、一年戦争は終結した。

退役したガイアは地球で、メカニックとしてMSの整備や開発に従事することに。そしてそれから7年の時が経ちグリプス戦役が始まってからのとある日、彼はカミーユ・ビダンの駆るガンダムMk-Ⅱの戦闘を目撃する。「あれは…白いヤツだ!そうだ、あの時の…ガンダムとか言ったな!少し改良されているのかもしれないが、あの時のMSに間違いない!乗っているヤツも同じか?」7年間眠っていた、闘争心に満ちた復讐の念が芽生えたガイア。「フフフ…。俺に もツキが回ってきたようだ。オルテガとマッシュのカタキをついにとれるぞ。俺だってまだ戦えるんだ!」

すぐさま臨時整備士としてティター ンズの工廠に潜入することに成功した彼はそこで整備中のアッシマーを目にする。そこに懐かしの愛機、リック・ドムの面影を見た彼は整備するフリをしてアッシマーに乗り込み、操作マニュアルもろとも奪取する。「なるほど、このアッシマーという機体は円盤型のMAに変形するのか。これであのガンダムとやらを倒すことができそうだな!」

自らの工廠にアッシマーを持ち込んだ彼は馴染み深いドム・カラーに塗装を施し、亡くなったかつての戦友の亡霊が宿った機体ということで「ファントム・アッシマー」と命名。なお、奪取時は整備中だったためモノアイのカバーは外されていたが、ガイアは誤って上下逆に取り付けてしまっている。復讐を誓い入念に操縦テストを行う中、彼は再びガンダムMk-Ⅱの姿を目撃する。

「覚えているか、ガンダムよ!俺は7年前のことをひと時も忘れたことはない。よくもあの時踏み台にしてくれたな!そしてよくもオルテガとマッシュを…!」

DSC_3636

カミーユ「誰だ…?知らないよ、あんたなんて!」ガンダムMk-Ⅱのビーム・ライフルは無残にもアッシマーのコクピットを貫いたのだった。

・・・・・・・・
(以下、天国へ召されるガイアの妄想)
ガイア「オルテガ、マッシュよ…俺はな、ついにお前たちのカタキをとったぞ。ガンダムを倒したんだ。これでやっとお前たちの元へ行ける…」

DSC_3638

 

最後にオマケ。アッシマーの最終形態としてわりと有名なやつです。

DSC_3641

 

広告

【完成版画像集】AMX-102 ズサ (オリジナル・カラーVer.)

5月頃から製作していた「HGUC ズサ (ユニコーンVer.)」がようやく完成しました!オリジナルカラーで塗装しました。

製作記は以下から。

【ガンプラ製作記#3】AMX-102 ズサ (ユニコーンVer.) ①

【ガンプラ製作記#3】AMX-102 ズサ (ユニコーンVer.) ②

まずは写真をばーっとご覧ください。

 

DSC_3222

DSC_3224
ズサ単体とブースター・ポッド
DSC_3225
ズサ単体とブースター・ポッドを後ろから
DSC_3227
ズサ単体をアップで
DSC_3228
太もものミサイルハッチオープン
DSC_3229
ブースター・ポッドを横から
DSC_3230
ブースター・ポッドを正面から
DSC_3231
武器類

武器に関して。付属のビームライフルは白と汎用グレーで塗り分けました。ショットガンはHGUCケンプファーのもの。ズサの左手に持たせられるように持ち手を細く削りました。

シュツルムファウストは所持していたジャンクから。旧キットのケンプファーのものです。肉抜きはランナー刺して埋めました。本体に合わせて白とすみれ色で塗り分け。

 

DSC_3232
シールド内側

シールドはもともとギラ・ドーガからのパーツ流用でしたが、ギラ・ドーガには付いているグレネード・ランチャーがなくただ穴があるだけでしたので、ジャンクパーツから適当に合うものを探したらこれがサイズ的にも武器としても色的にもピッタリでした。無塗装・無改造でそのまま刺せました。パーツはBB戦士「キャプテンガンダム」のバックパックのキャタピラに付いてるやつです(笑)。回転させて内側に収納できます。

5868_1
おわかりいただけただろうか…

 

DSC_3233
横から

 

製作記に書いた通り、腕は手前に少し曲げられるよう関節を改造しています。

 

DSC_3234
フル武装

 

デカールはMGグフ用のガンダムデカールがメイン。襟周りの白いパーツにある黒いラインのみ、ROBOT魂のゲーマルクのものを流用。白いラインはすべてマスキングしてガンダムマーカーで塗っています。

仕上げはタミヤのウェザリングマスターとツヤ消しトップコート。合わせ目消しは特に行っていません。

 

DSC_3236
ミサイルポット全開でフル攻撃モード

DSC_3239DSC_3240

 

画像アップしてから気付いたけど、胸のミサイルオープンしてなかった(笑) ここも同様にすみれ色に塗っております。

DSC_3243
後ろから

DSC_3244DSC_3245

 

初ウェザリングしたんですが、一番濃い色を付けたのはブースターの後ろ。やり過ぎ感もありますけどね(笑)。

 

それにしても、アップにするとやはりアラが目立ちますね…お恥ずかしい。筆塗りですし、まだ塗装を初めて半年くらいなので本当に下手です。もっとプロのモデラーさんみたいにうまくなりたい!

 

とは言え、筆塗りではやっぱりエアブラシには勝てないですよね~。でも筆塗りにしては上手いというレベルにはなりたいです。

 

色ムラはだいぶありますけど、ウェザリングしたことで逆にちょっと古い、薄汚れた感じが出て良かったかなと思ってます。何よりオリジナルのカラーですが、この色の組み合わせはかなり気に入っています!基本的に塗り分けは設定と同じにして、ブースターとズサ本体の塗り分けを入れ替えたほかは変えた部分は太もものミサイルのカバーを白くしたところとブースターのダクト(頭の上にくるやつ)を白くしたくらいでしょうか。

袖のエングレービングはは削り落としもしなかったけど色分けもしませんでした。これが一番しっくりくるかなと。

ミサイル系はブースターポッドのものはパーツで色分けできていたけど、袖や足のミサイルは黒い部分の塗り分けが面倒でした。というか細かすぎるのできちんと塗り分けできていません。これはパーツ分けてほしかったなあ。

 

ということで以上ズサ(オリジナル・カラーVer.)でした!