2019年の新作ガンプラをわりとガチで予想してみた

2018年4月に新会社「バンダイスピリッツ」となり、今後はハイターゲット向けにさらに精力的な商品展開が期待されるガンプラ。プレバンもまた好調なようで、そのお陰かすでにリリースペースがかなり上がってきているように感じられます。一昨年~去年のHGの一般販売商品数はかなり寂しいものだったけど、今年はすでにかなりのもの。プレバンでは完全新規のウーンドウォートが発売されたり、RE/100も去年ハンマ・ハンマだけだったのに今年は一般だけで4つだだったり、こちらとしてはうれしい悲鳴です!

これまでキット化困難だった幻の機体ももはや夢ではなくなってきていて、こんないい時代が来るとは。それにしてもガンダムって来年40周年なのにこんなに毎月多くの新商品が出てるって、すごいコンテンツですよね。

そんなわけで、今後~2019年にかけ発売されそうなキットを消費者目線と企業目線平等に考えつつ、わりとガチで予想してみました!来年の年末に答え合わせしたいです(笑)

◎かなり自信あり

●多分出るはず

▲出そう

■何とも言えないけど出たらいいな

 

 

まずは宇宙世紀系から。

◎MG ゾック

images1
ファーストガンダムの放送開始40周年を記念する商品は、サプライズ的な意味と多くのファンの願望を兼ねて、いよいよファーストMG最後の砦が解禁されるのでは。ここで出さずにいつ出すのよ?

 

●HG アクトザク(Z版カラー)
■HG リック・ディアス(REVIVE)
■HG ボリノーク・サマーン
Zシリーズからはバウンド・ドックやボリノーク・サマーン、サイコガンダムMk-Ⅱなど未キット化機体がまだ少し残っていますが、今年ガルバルディβ、バイアラン、ディジェと立て続けに出たし、2019年はNT、MOON、鉄血、ビルドダイバーズ外伝などほかにもいろいろ展開するであろうと思われるので、2019年は少しお休みするのでは?と予測。むしろその前に出さなきゃということで今年頑張ったのかも。ただそれではNHKの全ガンダム投票でも人気シリーズで2位だったZのファンがだまっちゃいないので、何か出すとすれば既存キットの色変えで済むアクトザクなんかでお茶を濁すのでは?もしその他にも何か出すとすれば、一番可能性が高そうなのは未キット化機体を差し置いてリック・ディアスのリニューアル。カラバリありなうえにシュツルム・ディアスのリニューアル版としても出せるし…。個人的にはそれよりも未キット化機体出してよ!って思いますけどね。3番手でボリノーク・サマーンじゃないでしょうか。正直バウンド・ドックやサイコMk-Ⅱよりも需要は低いと思うけど、コストや構造を考えると比較的スタンダードに近いものの方が出しやすいと思うので。バウンド・ドックは最先端技術の結晶で最高の出来のもの(もちろん完全変形)を出してほしいのでもう少し先でいいかな。
◎HG カプール

CAPULE
今年モモカプルが出て、そのランナー構成や「カプランナー」というランナータグからこれは2019年の夏頃に必ず出ると予測!ZZ版とUC版両方出ると思うけど、一般とプレバンでわかれそう。どっちが一般かなあ。

●HG ゲーマルク

infobox_amx-015_a

HGガルバルディβが出たことにより、プレバンでガズR/Lの発売も決定!R・ジャジャの2019年1月発売がすでに発表されているけど、これはHGゲーマルクへの期待を煽るための布石、あるいはゲーマルクまでこれでちょっと待っててねということではないでしょうか?ただし、結構な大型MSなので、ウーンドウォート同様に完全新規のプレバンという可能性もあり。また、1/100でという声もあるようですがやはりガズR/Lとサイズは揃えたいのでHGが濃厚かなと。

▲HG 量産型キュベレイ

Amx-004g
NHKの全ガンダム投票では敵メカとしてはトップの9位となったキュベレイ。MGキュベレイダムドもプレバンで最速レベル(6時間くらいか?)で一次申し込み終了、バンスピとしてもあらためてキュベレイ人気を実感したはず。となれば量産型を出さない手はない!しかももしHGゲーマルクが発売されれば、「あのシーン」を再現すべく量産型キュベレイを多々買いする人も多いでしょう。カラバリもグレーと紺が存在するし、せっかくHGキュベレイのREVIVEも存在することだし、2019年こそは期待したいです。

◎RE ヤクト・ドーガ(クェス・エア機)
これは間違いなくあと半年以内には出ます。というかもういつでも出せるし、すでにアナウンスされていてもおかしくないのに先日のホビーショーでまだ「参考出品」だったのは、現在一般発売の線も検討されていてアナウンスを引き延ばしているのでは?

◎PG νガンダム
2018年は逆襲のシャアから30周年ということで、年末にPG νガンダムが出るのでは?と多くの人が予想していました。先日の東京ビッグサイトでのホビーショー、もしくはガンダムベース東京の逆襲のシャア展でその発表がされるのだと…。しかし現時点までその発表はナシ。でも、必ず出ると思います。もしかしたらディープストライカーと同様に、2019年1月1日の0時に衝撃の発表!?みたいなことするかもですね。

◎HG ナラティブガンダム B装備・C装備
◎HG ディジェ NT版
◎HG ジオン系MS数種

11月30日より公開の映画「機動戦士ガンダムNT」ですが、すでにナラティブガンダムのA装備やシナンジュスタインなどが発表されています。他の機体はジェスタやジェガン同様にプレバン中心の展開になりそうですね。12月にHGディジェが出るので、NT版も12月に受注開始で来年2月とか3月あたりの発送商品となるのでは。ジオン系というか敵メカはまだシナンジュスタインしか発表されていませんが映画公開までにいくつか発表になるでしょう。ジャムル・フィンやゲーマルクのバリエ機体が登場するとテンション上がります。
MOONガンダムはまさか主役機だけで終わるってことはないでしょう。このシリーズは現在コミック展開ですが将来的にはOVAなりで映像化されることも想定し長期的な展開となるかもですね。

▲HG バルギル
●HG リック・ディジェ

バルギルは静岡ホビーショーで参考出品されていましたが、その後の動向はなし。HG MOONガンダムの売れ方次第で今後の展開を決めるつもりなのかもしれません。また、12月にHGディジェが出ますし、アムロ搭乗機ということでリック・ディジェも出そう。ただこれは2019年のうちに出るのか…?NT版ディジェと立て続けに出すわけにもいかないので、2020年にずれ込む可能性も。いずれにしても2019年中にはMOONガンダムが今後どのように展開していくのか明らかになり、それ次第となりそう。ただ、バルギルもリック・ディジェもプレバンにはなると思います。
◎RG ザクⅡ バリエーション数種
ロバート・ギリアム機はすでに発表されていますが、今後もギャビー・ハザード、ブレニフ・オグスなどすでにMGで展開しているエースパイロット機は続きそうです。

◎RE ガンブラスター

●RE リグ・コンティオ
REでガンイージが出るので、というかホビーショーでバンスピのスタッフも漏らしていたという噂があるのでガンブラスターはほぼ確実。これはプレバンでしょう。また、Vガンダムシリーズはガンブラスターで終わりではないとの情報も。となると今度はジェムズガンとかジャベリンよりも敵側の可能性の方が高いと思います。数年前にREシリーズの企画検討中として挙がっていたリグ・コンティオがいよいよ来るのでは。

 

続いてアナザー系。アナザーはあまり詳しくないのですが、放送時にある程度HGキット化はできているので主役機のRGやPG展開がメインとなると思われます。ただ、鉄血のオルフェンズシリーズの続編があるようなので、TVか映画かOVAかどの程度の規模感になるかはまだ不明ですがHG中心に商品化されると思います(二期の1/100フルメカニクスは商品展開しょぼかったし)。
ラストはビルドシリーズ。

pct_01

◎HG GP-羅刹

■HG ヤクトドーガソーン

●HG GBN-ベースガンダム(劇中歌カラー)

GP-羅刹の発売がいまだにアナウンスされていませんね。これはGP-02のリニューアルを検討していて、どうせ出すならその後で…ということなのでしょうか?

もしくは百鬼を主役にしたスピンオフ作品の展開も考えられます。ビルドダイバーズもおおむね好評だったので、これまでのBF、BFT同様にOVAや配信でスピンオフ作品は必ず展開されるでしょう。そうなるとそこでGP-羅刹やヤクトドーガソーンなどが主役側で、敵対する新登場のMSと合わせて展開されるかもしれません。

また、GBN-ベースガンダムは今度商品化されるカラーが劇中カラーと異なるので、劇中カラーがプレバンで出るかも。BF、BFTと同様に、MGで元キットが出ているビルドダイバーズキットはMGでも展開されそう。いずれにしても、ビルドダイバーズの商品展開は2019年も続くでしょう。
外伝にも注目です。GBWCはキュベレイダムド、百式壊(クラッシュ)ときたので、今度はジ・Oを元にした機体が出たら面白いですが。ダムド、クラッシュとパンクバンドが名前の元になっているのが続いているので、今度はセックス・ピストルズがモチーフ…?

■MG ジ・O バリエ機

予想は以上です。でももっと、想像もしてなかったようなものが出たりするんでしょうね。楽しみです!

第58回全日本模型ホビーショーに行ってきました

久々の更新です。ていうか、およそ一年ぶりですw

すいません。以前は週末にガンプラいじりで平日はネットサーフィンとかブログとかっていうサイクルだったんですけど、去年の暮れあたりから平日にもガンプラいじりをするようになって。お陰でだいぶ製作スピードは上がったものの、ブログやる暇がなくなりました(笑) 今後はもう少しヒマを見つけて書いていこうと思います。

 

さて、先日9月30日は全日本模型ホビーショーに行ってきました!ホビーショー自体行くのは初だったので、めちゃくちゃ混んでるイメージだったんですが結構空いててスムーズに廻れたしじっくり見ることができました。最終日の午後だったのと、台風24号が迫っているからというのもあったのかな。

台風のために15時閉館ということだったけど、到着したのは13時45分くらい。結構ギリだわね、危なかった(笑)

最大のお目当てであるROBOT魂ナイチンゲールをじっくり見たんですが、布カバーのような関節のところはうまい具合の形状になってました。が、展示サンプルはその布カバー部分の表面がガリガリ削られてボロボロに…。これはポージング時に要注意ですね。

DSC_2786DSC_2782

DSC_2778

次はホビー事業部のガンプラの方へ。NT版のジェガンはかっこいいようなかっこよくないような…つるっとしてるのでアンテナか何か欲しかったかなあ。

DSC_2794DSC_2805DSC_2806

グスタフカール、マッシヴでかっこいい!これは買うかも。色分け次第かな。

R・ジャジャは来年1月の一般発売。R・ギャギャという素体がある中で一般発売おめでとう。肩の砲口はシールかと思ったけど実物見たら成型による色分けっぽかったです。

ガズR/Lはメタリックな質感の成型色で装飾はデカールとのこと。

ヤクトドーガのクェス機は参考出品。いずれ発売されるのは間違いないとして、なかなかアナウンスがないのは一般かプレバンかとギュネイ機の売上次第で見極めているところなんでしょうか?

そしてフィギュアライズスタンダードでアヤメさんが発売決定。これまでメカばかりで人型のドールフィギュアやプラモは全く興味がなかったけど、これは買ってしまいそうな予感…。

ガシャプラの方にもアヤメ&フジサワアヤの参考出品があり、サフ状態だったけどかなり造形よさげ。こちらも期待できそうです。

 

その他写真いろいろ。今後いろいろ楽しみですね。

【ガンプラ製作記#5】HGIBO 1/144 レギンレイズジュリア

久々のガンプラ製作記です。と言っても書いてるもの以外もちょいちょい作ってるんですけどね。

今回は『鉄血のオルフェンズ』シリーズからジュリエッタ・ジュリスの搭乗機でありラスボス的機体であるレギンレイズジュリアを製作しました。ちなみにほぼ完成してから製作記を書くというスタイルです笑

 

鉄血シリーズからHGを製作するのは今回が初です。これまでに製作したのは1/100フルメカニクスのガンダムキマリス(ブースター装備)とキマリストルーパーだけでしたからね。

ネオジオンやティターンズ系のケレン味のあるMSが好きな僕にとって、鉄血シリーズの中ではレギンレイズジュリアは設定画が公開された当初から気に入っていました。

DSC_3804

DSC_3810

 

 

DSC_3806

うん、トゲトゲした感じがかっこいい!

 

ただ、やはりモノアイ系にしたいなと思ったのと緑と白という組み合わせが気に入らなかったので色を変えたいなと。頭部の緑と白の境目を広げればモノアイスリットっぽくなるかな?

カラーリングに関しては、赤系が似合うのかなーと。最初の案ではライラ・ミラ・ライラの搭乗機として、ガルバルディβ風のカラーを考えていたんですが、途中でバウンド・ドック風カラーにしてロザミア・バダム搭乗機にしようと決めました。

 

イメージイラストがこちら。

3f834918-s

適当な感じですいません笑 ただ、イメージだけつかめればいいかなと。

 

後は、ミキシングしようといろいろ遊んでみました。ちょうどノイエ・ジールをHGM 1/550 からガンダムコレクションのやつに切り替えたので、HGMの方がジャンクになったのでここからいろいろ持ってこようかと。

DSC_3812

 

なんと、ノイエ・ジールの腕が無改造で付きました!これは良さげですね。

 

尻尾みたいなタンク部?これは何かに使えそう…

 

dsc_4209.jpg

ふくらはぎの装甲をいろいろいじくりまして

 

DSC_4211DSC_4212DSC_4216

 

頭部はいろいろとバラシて、パンの袋を縛る針金で細工。そして…

 

dsc_4667.jpg

 

いざ塗装!筆塗りです。

 

DSC_4669

 

あ、いろいろエッジも尖らせておきました。ジュリアンソードとつま先のソード。それぞれ左は加工前、右が加工後。

 

次回、完成画像を掲載します^^

 

 

【キット化希望!】 AMX-109 カプール

はい、カプールなんですけど。

HGUCキット化されないもんですかね。ユニコーンにも登場、∀ガンダムにも登場していて、水泳部ということやフォルムのかわいらしさから結構人気の機体だと思うのですが。

立体物としてはROBOT魂の∀版モビルカプルと、∀の旧キットのみ。モビルカプルはZZに登場したカプールよりも一回り小さいし、ZZ版は旧キットすらなし。∀版は簡易キットで可動も微妙な出来。

未キット化MSでありながら中途半端な形で立体化されているためになかなか出にくいのかもしれませんが、REVIVE的な意味も込めて、ここであらためて正式なZZ版カプールのHGUCキット化をお願いしたい!

もちろん、腕の収納ギミックなどは不要!

巷ではMG ZZガンダムVer.KaやRE/100ハンマ・ハンマ発売の機運もありZZをもっと盛り上げていきたいですが…どうなんでしょうか?出せば結構売れると思うのだけど。

 

 

近況報告

あーまた久々の更新ですね。こんばんは。

ガンプラ製作はいろいろと亀の歩みで進んでいますが、いかんせん作るのが忙し過ぎてブログにまで手が回んねー!

 

いやー、プラモデルブログの人たち、尊敬しますわ・・・たくさんのキットをほぼ発売日に買ってその日に組み立ててブログにレビューあげちゃうもんなあ。

それはさておき、Twitterではぼちぼち製作のようすをアップしているのですが現在はバウ、バーザム、ガラッゾ、レギンレイズジュリア、マンロディを同時進行にて製作中。

上の画像はまだ途中のスーパーバーザムです。モノアイ入ってません。

 

そして今週末はいよいよRE/100ハンマ・ハンマが出ますね。楽しみです。

 

あとこないだGUNSTAに初めて連邦MSをアップしました。こちらもどうぞよろしくです。

 

ではまた。

【ガンプラ製作記#4】MG 1/100 RX-93-v2 Hi-vガンダム Ver.Ka ③

ちょっと間が空いてしまいましたが、そしてすでに完成しているんですが、製作記をアップしてませんでした!

 

前回はデカール貼りの途中まで行ったと思うんですが、その後デカール全部貼りーの

なんだけど、ファンネルのデカールで大苦戦。グラデーションをデカールで再現するんですが、貼ってるそばからズレるわ剥がれるわ、直そうとすると角から割けるわ、ところどころ削れるわ…しかもファンネル12個分!!心が折れました。

 

そんなわけでデカールを諦め、ぬるま湯にファンネルをドボンして全はがし。スプレーで塗装することに。幸いこのカラーレシピはパープル95%にホワイト5%なので、パープル100%で塗装しちゃえ!(エアブラシ持ってないので調合できないのです)

 

dsc_3645.jpg

DSC_3647

 

まずこんな装置を作ってテープでファンネルを固定。グラデーションを表現するためにピッタリ付けるのではなく台紙との隙間を少し開けてあります。

 

DSC_3648

そして一気にスプレー放射!!!これで一撃仕上げ!!天才か。

 

…がびーん

 

全然グラデーションにならない。隙間開けすぎたか。

 

レヴェリング薄め液で一度塗料を全部落としてやり直し!

DSC_3650

 

2回目。

dsc_3651.jpg

 

うーん、白いところが白ではなくて薄いパープルだけど。一応グラデーションにはなってるから良しとしよう。これよりもきれいには、多分自分の技術では無理だと思う。

というわけで、本来白い部分は薄め液を付けたガーゼでこすって落とすことに。

その後ファンネルにコーション系のデカールを貼って、本体含めつや消しトップコート。

DSC_3839

こんな感じ!一応ファンネルのグラデーションは見れるレベルにはなっているかな?次回は完成画像をいくつかアップします。

 

 

 

 

商品化希望リスト(2017年3月版)

ガンプラおよびフィギュアの類の商品化希望リストです。ガンプラファン、ガンダムファンならば誰でもみな「あれ出して!これ出して!」っていうのがあると思います。

無論ぼくもあるのですが、正直そんなに多くないです。コレクター的に「出たからとりあえず買う」みたいな考えもないし、自分が本当に好きな機体だけを買えればいいなと思ってます。

とはいえ、時期によって突然ある機体に目覚めたり欲しくなったりするので、結局際限がないんですけどね!

商品化確率と合わせて、現在での商品化希望メモ。

 

#1 FAZZ

003l

希望商品形態:ROBOT魂 Ver.Ka

商品化確率:100%

これは昨年10月のTAMASHII NATIONS AKIBA SHOWROOMでも参考出品されているので、ほぼ間違いなく出るでしょう。あとはいつ出るのかが問題ですが、今年中には出るんじゃないですかね。早く出てほしいです。

マイナー機であれば参考出品どまりなこともあると思うけどFAZZは人気ありますしね。僕もカラーリングがフルアーマーZZよりもこちらの方が好きです。

MGやGFFはあんまり評価高くないっぽいので買っていないんですが、この展示品を見る限りさすがVer.Ka!というクオリティ。昨年のMETAL ROBOT魂のEx-Sガンダムと並べてぇー!!

 

#2 ゼク・ツヴァイ

001l

希望商品形態:ROBOT魂 Ver.Ka またはHGプラモデル

商品化確率:80%

これは昨年5月にTAMASHII NATIONS AKIBA SHOWROOMに参考出品されていたもの。この重厚感!Ver.Kaならではのディテール!ユニバーサル・ユニットはサイズもディテールもチャチかったので買ってませんが、ぜひ欲しいですね。基本的にセンチネルものやVer.Kaはディテール勝負みたいなところがあるので、プラモデルよりも完成品の方がいいです。ただ、黄色系にリペイントもしてみたいんですよね…。ROBOT魂をリペイントとかできるんでしょうか。ていうかそれはもったいないのかな。昨年5月から結構経ってますが続報がないので、もしかしたら企画倒れ!?とちょっと心配。ちなみに2万超えても買いますよ。

 

#3 ガンダムMk-V マーキングプラスVer. (連邦カラー)

1000086114_2

希望商品形態:ROBOT魂

商品化確率:80%

画像はROBOT魂のマーキングプラスVer.じゃないやつです。先日、これのニューデサイズカラーがプレバンで受注開始されましたね。頭部が新規造形になって、以前よりもかなりかっこよくなったし塗装の質感も良さげで欲しくなりました。でも、白い連邦カラーの方が好きなのでこっちのマーキングプラスVer.出てほしいです。

まあ素体はあるわけなので出せることは出せるはずなのですが。ニューデサイズ版のマーキングプラスVer.はどれくらい受注されてるんでしょうか?それなりに人気ある機体ですよね?たぶんNDカラーが二次~三次受注くらいまで行って、それの発送が終わったくらいに連邦カラーの受注が始まるんじゃないかと…だったらいいなあ。

 

#4 ガンダムTR-6[ウーンドウォート]

a70f5f33c0b49d9edf6be014050be3cd

希望商品形態:METAL ROBOT魂 またはHG

商品化確率:50%

これほんと好きなんですよね。そしてとても人気があります。ガシャポンの「モビルスーツアンサンブル」で先日(SDですが)初立体化されたそうで、リアル版の立体化のフラグか!?と勝手に期待しています。

MA形態も好きなので完全変形してほしいのですが、となると強度の問題でHGプラモデルだとちょっと不安です。なのでMETAL ROBOT魂で関節などしっかり作って、ガシガシ変形させれたらいいなと。

 

#5 サイコ・ドーガ(サイコ・ギラ・ドーガ)

psychodoga

希望商品化形態:HGプラモデル

商品化確率:20%

漫画の「ベルトーチカ・チルドレン」に登場する機体です。数年前に電撃ホビーマガジンに作例が掲載されたそうですね。需要的にも知名度的にもタイミング的にも商品化確率はとても低いです。ただ、大部分がギラ・ドーガやヤクト・ドーガの流用なんですよね。肩アーマーと頭部とバックパックと武装だけ新規で作ってくれればできるのに…。出るとしても絶対プレバン限定だろうな。まあそれでも全然構わないので、ぜひ出してほしいです。プラモじゃなくてもいいから、とにかく1/144サイズで立体化希望。

 

#6 ヘルムヴィーゲ・リンカー(1/100)

20

希望商品形態:1/100フルメカニクス プラモデル

商品化確率:30%

最新シリーズ「鉄血のオルフェンズ」より。僕が「鉄血のオルフェンズ」を見始めるきっかけとなった機体です。1/144キットは出ていますが、重厚感があるのでぜひ1/100フルメカニクスで出てほしいです。

が、番組では先日腹部から真っ二つになって退場してしまいました…。ヴァルキュリア・フレームは1/100であるわけだし、先週の放送までは70%くらいの確率で出ると思ってたんですが一気に確率下がってしまいました。でも第一期は番組放送後も7月まで1/100フルメカニクスの発売あったし、まだ希望は捨てきれません。

残された可能性として、劇場版やるとかになってヘルムヴィーゲ・リンカーの元になった厄祭戦時のMSヘルムヴィーゲが登場したりしないですかね?それの1/100がキット化されて、ヘルムヴィーゲ・リンカーもプレバンで、とかなったら嬉しいです。

 

#7 ガルム・ロディ

05

希望商品形態:1/144プラモデル

商品化確率:20%

同じく「鉄血のオルフェンズ」より。この機体、結構人気あるみたいですね。しかしスピナ・ロディもそうですがロディ・フレーム機体がキット化されなすぎ…このあとの鉄血の展開(第三期とか劇場版など)次第で一挙に商品化されたら嬉しいんですけど。

 

#8 量産型キュベレイ

Amx-004g.gif

希望商品形態:HGプラモデル

商品化確率:60%

今年はZZの放送終了から30周年ということで、ZZのVer.KaがMGで出る予定があったりRE/100でハンマ・ハンマが出る予定があったり。その勢いで、他のZZシリーズのものも旧キット以来のキット化を!ZZは旧キットですら未キット化が多いし、キット化されてもクオリティ低いしであまり評判良くないです。なので今年、なんとかいろいろお願いします!

中でも量産型キュベレイは結構人気ある敵対勢力MSだし、数年前にHGでキュベレイがREVIVEされました。なのでそれをもとに…といっても流用はほとんどないので大部分が新規パーツにはなりますが。

しかもこいつ、グレーバージョンと紺バージョンがありますよね。バンダイさん、儲かりますよこれは!僕はグレーバージョンが欲しいです。

 

ここに挙げた8個が発売されたら大満足です。いつかは出るのかもしれないですが、できれば早めにお願いします。

 

【完成版画像集】EMS-10 ヅダ

去年の10月頃から作っていたヅダがようやく完成!部分塗装と、付属のマーキングシールまでは去年のうちにできていたけど仕上げのトップコートがまだで。というのも行きつけのお店でずっとトップコートが欠品してまして…。

 

というわけで画像をちょこちょこ。しかし本当に出来がいいキットだと思います。

 

DSC_3430

 

DSC_3429

 

135mm対艦ライフルをかまえて。長い!この武器目当てで買う人も多いとか?

DSC_3431

シールドに付いたシュツルムファウストはキットでは1本のみ付属。せっかく取り付け口があるので部品注文でもう1本足しました。モノアイはシールだけどクリアパーツのゴーグルが付いてます。

腕は3重関節?で引き出せるのでいい感じでライフルが構えられます。

 

DSC_3432

部分塗装箇所はシュツルムファウスト先端と背後の「土星エンジン」をガンダムマーカーのメタレッド(かなり重宝してます、一家に一台あると便利)。あとは肩部分とヒートホークの刃にガンダムマーカーのシルバー。胸とお腹の紺の部分をクレオスMr.カラーのネイビーブルー。ヒートホークの柄の部分も設定上は緑だけど同じ色で塗ってしまいました。あとは白いラインをガンダムマーカーのホワイトで。

DSC_3433

土星エンジンのメタレッド、ムラやハゲができてしまったけど却っていい感じに。

 

DSC_3434

細い白いライン、めっちゃ大変だろうなと思っていたけど、想像以上に簡単でした。溝になっているのでガンダムマーカーの先でなぞるだけ。たまにはみ出した場合は、綿棒の先に薄め液シンナーを付けてこするときれいになります。

 

DSC_3435

DSC_3436

特に肩と脚の可動域がすごい!

 

DSC_3437

「もらったああ!!」

 

DSC_3438

マーキングシールはちょっと大きめにカットされてるので、カッターで余白をギリギリまで切るといいです。

 

【ガンプラ製作記#4】MG 1/100 RX-93-v2 Hi-vガンダム Ver.Ka ②

MG Hi-vガンダム Ver.Kaの製作の続きです。

前回まではこちら

 

さて、ファンネルが完成し全体を組み立てましたよ!!

DSC_3424

うおー!かっこいい!グレーで薄めにスミイレしています。

 

DSC_3425

正面から。

 

DSC_3426

背後から。

 

DSC_3428

バックパックを取り外した状態。ただ、このバックパックちょっと外れやすいし、外れたはずみでプロペラントタンクも外れがちなのが難点。重いんだからもう少しカチッとはめたいのだけど、ステーパーツと干渉してしっかりハマらないし、外そうとすると背中と頭部まで外れてしまったり。

 

DSC_3429

スタンドに付けてポーズ。

 

DSC_3430DSC_3431DSC_3433

ファンネル展開!!ファンネル外す時、基部ごと外れてしまいがち…

 

DSC_3436

腕のガトリング砲が展開。

 

DSC_3437

肩アーマーも開きます。

 

DSC_3438

スカートやふくらはぎのパーツも展開ギミックあり。膝裏のパイプはガンダムマーカーで塗装しています。

 

というわけで、デカール作業開始。かなり数が多いうえに、ファンネルのデカールが大きいので苦戦しそう。デカール貼ったらつや消しコート吹いて完成としたいと思います。

DSC_3440

【ガンプラ製作記#4】MG 1/100 RX-93-v2 Hi-vガンダム Ver.Ka ①

こんにちは!久々のガンプラ製作記です。完成が見えてきたので。

 

2017年になり、何から作ろうかなーと思ってRE/100バウの製作を始めたものの、思うところあってものの30分で中断し、Hi-νガンダムに切り替えました。なぜなら

 

冬は寒くて塗装するのが億劫なので、なるべく塗装しなくて製作時間のかかるやつを!ということです。(僕はスプレーの場合はいつもベランダで作業しています)。

 

そんなわけで作業開始。

DSC_3350

コックピットから作っていくのって、なんか本当にメカを作っている気分で楽しいですね。まず座っているアムロやシートを作り、コックピットの外壁のブルーのクリアパーツの中に入れ、その周りの外装を作っていくという流れ。

 

DSC_3351

コックピットハッチはスライド式でオープン。この時点でもうアムロの足しか見えない…

 

DSC_3355

組み立てながらスミイレもしていきました。スミイレはグレーで薄目に。

 

DSC_3358

ここが開きます。製作1日目はここまで。

 

DSC_3360

製作2日目。フェイスパーツからです。が、バリ取り中にぐにゃっという感触がありこの通り…

 

ここめちゃくちゃ細くてヤワですね。製作時最も注意が必要な個所です。もう少しで分離してしまうところを寸前で阻止。

 

DSC_3361

カメラアイはシールも付いているのですが、せっかくのクリアパーツなのでフチを黒ペン(スミイレ用の細いやつ)で塗装。裏にホイルシールの余白を仕込んで反射率を上げます。楊枝の上に乗っているのが奥のクリアパーツ。LEDライトを仕込んで光らせるためにここがクリアパーツなのですね。

 

DSC_3362

ちょっとわかりづらいけど、額のセンサーの裏にもホイルシールの余白を貼ります。

 

DSC_3364

すると、反射しやすくなりました…ん、写真だとわかりずれえwww

 

DSC_3367

2日目はここまで完成。うーん、中途半端な状態。顔のゆがみはパーツはめたらなんとか直りました。

 

DSC_3374

3日目はここまで完成!脚なんて飾りです。

 

DSC_3375

早く自立した~~いい

 

4日目の作業スタート。MGなだけになかなか時間がかかります。ただ、パーツがなんか柔らかいのでそれほど大変ではなかったです。結構簡単にバリ取りできたし、目立たないところにあるし。ちゃんと考えられているなあ。

DSC_3376

脚の製作は結構大変でした。フレーム含めパーツの多さがすごい。4日目は片足のみで終了。

 

DSC_3380

5日目は片足のフレームまで!シリンダーとパイプはガンダムマーカーのメタリックシルバーで塗装。

 

DSC_3383

6日目、ようやく両足が完成し自立しました!!

 

DSC_3384

後ろ姿。でもこれで工程の半分といったところ。

 

DSC_3388

7日目はバックパックの一部を製作。これにファンネルが付くわけですな。

 

DSC_3401

8日目。バックパックが完成し、プロペラントタンクやステーパーツ、ビームライフルも完成。

 

DSC_3415

9日目はバズーカとシールドを製作。

さあ、あとはファンネル製作のみ!

でも…なんかやたらとランナーにパーツが残っている…???

 

DSC_3414DSC_3416

なんだこの細かい部品たちは~~~!!めんどくせー!!「×12個作る」とか初めて見た気がする。

 

DSC_3417

ファンネル製作、ナメてました。なかなかの部品数だ。同じものをいくつも作るのって心が折れますね。

 

そして組み立て…次回へ続きます。