【完成版画像集】レギンレイズ・ロザミア(レギンレイズジュリア ミキシング作品)

さて、レギンレイズジュリアのミキシング製作が終了しました!ミキシングは初挑戦だったのですが、いろいろと設定のイメージを膨らますのがとても楽しかったです。今後もガラッゾやマンロディなどミキシングで製作予定です(少し進んでます)。

レギンレイズジュリアの製作記はこちら

 

さて今回はコンセプトが「ロザミア・バダム専用機」「バウンド・ドックのオマージュ」ということで、素体のレギンレイズジュリアが持つケレン味を活かしつつ、宇宙世紀っぽさや強化人間専用機っぽさ、そして変形機構を取り入れました。ちなみに全て筆塗りです。

DSC_4692

DSC_4694

DSC_4696

バックショット。背部には偵察用の子機としてBB戦士バウンド・ドックのMA形態をマウント。ネオジム磁石で接続しています。百均で買ったんだけど便利ですね。強力すぎて困るくらい。

 

DSC_4692

DSC_4693

各所のグリーンの動力パイプはリード線を使用。また、脚部にはバイアランカスタムのアームを装備。

 

DSC_4698

レギンレイズジュリアは脚部を変形させないと自立できなかったけど、こちらはカカトがあるので自立が可能です。

 

DSC_4699

パーツとしては腕と腕カバーにノイエ・ジール、右肩にBB戦士ギラ・ドーガ、脚部にバイアランカスタムのアーム、お腹にガンダムキマリスの余剰パーツ、ウエストの延長にレギンレイズジュリアの余剰パーツ、子機のバウンド・ドックMA形態の底部にBB戦士ジオングのバーニアを使用。

 

DSC_4702

ジュリアンソードの装甲部分はリアアーマーに接着しました。

 

さてここからが本番。バウンド・ドックのようにMAには変形しませんが、殲滅モードに変形します。

DSC_4708

ケレン味の塊のような異形のフォルム!!殲滅モードの際、子機は分離します。

DSC_4709

お気づきかと思いますが、バウンド・ドックの脚にあたる部分はレギンレイズジュリアの改造で余剰となったハンドパーツを使用しています。…しかし、アクションベースにピント合わせてどーする…笑

 

DSC_4712

真横から見ると異形感がすごいです。

 

DSC_4717

あ…リアアーマーに思いっきりジオンマーク入ってるんですが、これは完全にミスです。ロザミア機ということをつい忘れて設定ガン無視して貼ってしまいました。

 

DSC_4718

BB戦士バウンド・ドックの耳を付けたのは遊び心というか、オマージュ。

 

一番苦労したのは頭部のアンテナ。腕カバーを変形時に被せられるよう、このように開閉式に。

 

DSC_4719

姉妹機とも言えるバウンド・ドックとツーショット。バウンド・ドックはプラモデルでは未キット化機体のため、こちらはMS IN ACTION!!です。サイズは同じくらいですね。

 

敵対勢力系のMSを機体の色別で分け、4機編成の小隊を作っているのですが、これで赤の小隊が揃いました。小隊長はROBOT魂のゲーマルク。ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)は造形的な好みからHGではなくHCM-PROなので小さめです。

DSC_4700

赤いMSってもっと他にいろいろあるのになぜこのチョイス?となるかもしれませんが、シャアやシーマ様の搭乗機は別の部隊所属、というかラスボスとか親衛隊的なところにいますのであしからず。

 

DSC_4729

オマケの親子(?)飛行。かわええなあ。

 

 

 

 

広告

MS IN ACTION! バウンド・ドック

近況報告など。10年くらい前に買ったMS IN ACTION!のバウンド・ドックですが、モノアイが塗装なので正面から見ても横から見てもモノアイの位置が変わらずつまらないのが気になってたんですよね、ずっと。

で、今までは技術もないし破損しそうで怖かったのでやらなかったんだけど、今回はモノアイ部分を彫り込んでクリアパーツを埋め込むというのをやってみました。

c1iyfvgusaatcmh-jpg-large

 

上の2枚が元々のモノアイです。

下2枚が今回の改造箇所。デザインナイフで削って、クリアパーツのランナーの端の丸い部分を使っています。

以前スミイレをしたんですけど、MS IN ACTION!はスミイレすると結構汚くなりますね…だいぶお見苦しいですが。モノアイ埋め込みは大成功!実は破損してしまうんじゃないかと不安だらけだったんですけどね

めっちゃカッコよくなったと思います。横から見たときにニラミ利かせられるのがいいですね。

第三期ガンプラブームが訪れるまで

前回の続きです。なぜ92年頃からBB戦士を買わなくなったのか。

 

それは、新しいTVシリーズのVガンダムの放送が始まったからでした。

 

「ZZ」以降ってしばらくTVアニメシリーズの放送なかったんですよね。OVAと映画ばかりで。映画「逆シャア」と「F91」は観に行ったんだけど、OVA「0083」とかは結局観てないっていう。

で、Vガンダムは久々のアニメだー!ということで毎回観てたしガンプラも買ったんだけど…

TY4902425410050.jpg

なんかダサい(笑)ちっちゃいし…

 

やっぱね、なんで自分はジオン系MSが好きかっていうとモノアイが好きだったんだよなー。

Vガンダムシリーズの敵機はみんな土偶みたいな顔で。

 

満足しきれず、F91シリーズのビギナ・ゼラとかベルガ・ギロスとかも買ったり。あとF90のいろんなタイプが出てたけどその辺も。

でも、高校3年の時に音楽にのめり込んでからはそれも終了。これにて第一期ガンプラブームが幕を閉じました。

 

第二期は大学生の頃だったと思う。バイト先の近くにプラモデル売り場があって、そこでMGのケンプファーを見つけて、MGすげーなと。さすがに大学生なので、パーツが多くて複雑でもむしろ作りがいがあって楽しかったですね。この頃「スミ入れ」を覚えました。HGシリーズもいくつか買ったなあ。

 

その後は「期」と呼べるほどではないけど、3年に一回くらいプチブームが来てたまに買ったり。幼い頃にキット化に憧れたクィン・マンサやバウンド・ドックの影を追ってクシャトリヤや、MS IN ACTIONのバウンド・ドック買ったり。

 

そして第3期ブーム、つまり今現在のブームが来たのは2015年の秋頃。ある日なにげなくTwitter見てたら、トレンドに「バーザム」ってあったんですよ。「バーザム」ってあのバーザム?でもなんでトレンドに?もしかして別の「バーザム」という何かな…と思いツイートを辿ってみたところ、あのバーザムでした。どうやらRe/100という新しいガンプラシリーズで発売が予定されていることのニュースだったらしい。

 

それで過去のリリース作品を見てみると、そこにナイチンゲールの名が!!

 

ナイチンゲールって、小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』の中に登場したMSで、当時その本で見ただけだったけどすごく好きだったんですよ。シャア専用で赤、重厚感がすさまじくて。

そしてさっそくナイチンゲールを購入。作結構アッサリしてたけど、このサイズでこの値段って考えると妥当か。むしろMGばりに作りこんでたら2万じゃ効かないだろうからちょうど良かったと思う。

こちらがその、僕が作ったナイチンゲール。組んで、スミ入れとデカールのみ。

DSC_1460
Nightingale

かっけえええーーー!!そこからブーム再燃。ここしばらくは何が出ているのかも把握してなかったから、カタログいろいろと調べてみたら欲しいのがいろいろと出てきて、今に至るというわけです。

ガンダムブログ、始めまーす!

何かしらのキッカケでこのブログに辿りついた皆様、はじめましてzakudakuと言います(もちろんペンネームです^^)。

僕は普段は音楽系のメディアにたずさわったり音楽ブログを書いたりしつつ、音楽とは関係ない職業に就いている36歳(男)です。この度ガンダムネタ専用(というか、ほぼガンプラネタ?)のブログを立ち上げることにしました。よろしく。

 

突然ですが、今日2016年2月22日は何の日かご存知でしょうか?

 

…実は、僕の結婚記念日なんです!!(°⍢°)

 

ではなく!(いや、本当だけど)

今日は「機動戦士Zガンダム」の最終回が放送されてからちょうど30年の日なんです。

 

 

いやあ、これは子供ながらに(当時6歳)衝撃を受けたものです。だってアニメの主人公が最終回で敵を倒した後に精神崩壊してしまうんですから…。

さて、そんな日にガンダムに関することだけを書くブログを始めてみました。まずは、なぜガンダムブログを始めるに至ったかを書こうと思います。うわー、自分語り大好きなタイプだ、こいつ!

 

実は僕は、子供の頃からずっとガンダムファンだったわけではありません。

先に書いたように、僕は音楽が好きで、洋楽のインディーロックだったりクラブ・ミュージックだったりを中心にUSメインストリームや邦楽なども聴きつつ、そんなネタでブログも書いたりしています。今も。

本格的に音楽に入れ込むようになったのは高校生のときで、それからはガンダムなんて興味も失っていたし、プラモデルにも興味なかった。もっと言えばアニメにも全く興味がなかったです。音楽一筋でした。

そもそも音楽好きになった最初のキッカケというのが、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」のメインテーマに起用されていたTM NETWORKなんです。そこからいろいろすべてが始まって、今音楽イベントでDJやらせてもらったり、バンドやったり、PCで音楽作ったり、まあいろい ろと。

4つ上の兄の影響で子供の頃からガンプラをよく作ってたんですけど、確か一番最初はメッサーラだったんじゃなかったかな?それからジャムル・フィンとかガ・ゾウムとか。ZシリーズとZZシリーズの頃でした。あ、お気付きかもしれませんがジオン系MSが好きでした。

でも、6歳とか7歳ではかなりハードル高かったですね。塗装とか合わせ目消しなんて無理だし、あの頃のプラモデルは素組みだとダサくてダサくて(笑)。

で、そんな時に兄が「バウンド・ドックのプラモが出てるぞ!」って。バウンド・ドック、大好きだったのにキット化されなかったんだよね…。それで、テンション上がったんだけど「ナニコレ?」って。まあBB戦士だったというね。

images

 

とにかくBB戦士のバウンド・ドック買ってみたら、うおー、自分でも簡単に作れる!って。それからはめちゃくちゃBB戦士集めましたね。1個300円とか500円とかだし。クリスマスに4、5個まとめて買ってもらったり。

…で、いつまで買ってたのかな?と思ってカタログ調べてみたけど、最後に買ったのはカタログNo.108「雷帝千生神将軍」でした。93年1月発売。すでにこの頃中学生だったけど。

で、この頃にBB戦士買うのやめたのって、ちゃんと理由があるんですよ。が、ちょっと長くなってきたのでその答えはまた次回ということで!え、引っ張るほどの話でもないよ?