ガルスJ

言い忘れてましたが最近ガンダム・ガンプラ専門のTwitterアカウント作りました。

@nayuta_fukashig

よろしければフォローお願いします。

 

さて、本日のお題は『機動戦士ガンダムZZ』に登場した機体、ガルスJです。
前回の「ガブスレイ」の話題の時にもちらっと登場したのですが…

garusuj
今気になっているのは、HGUCキットのガルスJは出るのか?出ないのか?
ということです。これについていろいろと考えてみました。

で、その結果

『出ない!』

という結論になりましたー。残念(^^;)
その理由を挙げる前に、まずは。

2014年に発売されたHGUCシュツルム・ガルス。
ガルスJのどっしりした体型とは違い、
だいぶ今の時代っぽくスタイリッシュ。
設定上は50%も軽量化してるんだとか。

garuss

 

このシュツルム・ガルス、全体的なフォルムはとても好きです。
特に頭部がキュベレイっぽさあって好きですね。
ただ、肩部分がフレーム剥き出しなのと
腰回りのアーマーが短いのと、
水色というカラーリングがイマイチ気に入らなくて
キットの購入は見送っていたのでした。

シュツルム・ガルスが出たということは、これはバリエーション展開で
ZZ版のガルスJもHGUCキット化か?
と思い、冒頭の考えに至ったワケだけど、出ないと思った理由はこうです。

①ガルスJにするには新規パーツが多過ぎる。
肩アーマーに腰回りのアーマーに、
スネ周りのアーマー、バックパック、
両脇のミサイル、頭部のアンテナなど。
シュツルム・ガルスから流用できるのは
ほぼフレームのみ。
ランナーも流用を意識した作りになっていない。

②ユニコーンVer.のズサはHGUCでキット化されたが
ZZ版はプレバン限定だった。
しかもそんなに売れなかったらしい。

新規パーツがほとんど少ないZZ版ズサですら
プレバンだったのだから、
新規パーツが多数必要で開発コストがかかるガルスJは
確実に一般ではなくプレバン。

④シュツルム・ガルスが定価2592円だったことを考えると
新規パーツを足してプレバンの送料も加えると確実に3500円を超える。

仮に、ガルスJでは余剰となるシュツルム・ガルス用のパーツを
無くしたとしても3000円以上にはなる。
しかしガルスJという、そこまで人気の高くない機体が
その価格帯でも需要があるとは考えにくく、
バンダイ側も同様に考えているはず。

もしかしたらシュツルム・ガルスの商品化企画時には
ガルスJも視野に入れていたかもしれないが、
現在は立ち消えているだろう。

⑤その証拠に、シュツルム・ガルス発売から2年近く経っているのに未だガルスJは出ていない。
もし出すなら、ZZ放送30周年であり、HGUCシリーズのリリース自体が停滞していた
2016年に出すべきだった。

こんな感じです。なのでここは腹を括って
シュツルム・ガルスを購入し、かつ旧キットのガルスJも買って
改造しようかなと。9月末に旧キットのガルスJは再販されるみたいだし。

安いところを探せばトータル2000円くらいでいけるかな?

 

ちなみにガルスシリーズは、下の画像のようにいくつかあるみたい。

garus

 

シュツルム・ガルスをベースに、肩アーマーと腰回りのアーマー、

ブレードアンテナ、バックパック、ふくらはぎのアーマーを旧キットから移植して

色はガルス・K(肩にキャノンついてるやつ)のどちらかみたいな

茶系の色に塗ろうかなと思ってます。

広告

ガーベラ・テトラ(キララ専用機)

以前、HGUCガーベラ・テトラが欲しいけど売ってない
っていう話をしたと思います。

5月にガーベラ・テトラのロールアウトVer.がプレバン限定で発売されたのですが、
その後に通常版も再販されるんだろうな~と思っていたら
その後も再販の情報は一向にありませんね…。

…と、ここで!新たな情報が!

どうやらHGBF『ガーベラ・テトラ(キララ専用機)』が
プレバン限定で2016年8月に発売?とのこと!

通常版がなかなか再販されず、ロールアウトVer.も顔が好きではないので
やったー!!と喜びつつ、「ビルドファイターズ」見てないので
「キララ専用機」って何よ?明日花キララなら知ってるけど…(・ω・)みたいな感じでしたが調べてみると

gerbera-tetra

こんな感じらしいですね。
ピンク!ファンシー!!

でもね、僕MSにこういう「かわいらしさ」って求めてないのですよ。

ただ、いずれにしてもこれが出るのであれば
未だに通常版が再販されないのも納得がいく。
裏を返せば、9月以降くらいに通常版が再販される可能性が高い。

でもいろいろと調べてみると、このキララ専用機は「ビルドファイターズ」の中でも前半と後半でアンテナの位置・形状が違うのようですね。
通常のガーベラ・テトラはアンテナが頭部の左側に、ラジオのアンテナみたいに付いてるんですよね。
そして額に何もなくてツルンとしてるのがなんかさびしいと思ってました。

キララ専用機の「番組後半Ver.」は、他のジオン系MSみたいに額の真ん中に付いてますね。
頭部はこっちの方がかっこいい!

通常版が再販されたとしても、塗装をして微妙に色を変えよう(朱色からややピンクに)と元から思っていたし、
どうせ塗装するんだからキララVer.買った方がいいですよね!しかも通常頭部も付いてるらしい!
これはうれしいです。近日予約開始(おそらく5月25日?)とのこと。絶対予約します。

クィン・マンサ

ついに!以前から予約していたプレミアムバンダイ限定・ASSAULT KINGDOMクィン・マンサが届きました!

すでに書いたか忘れたけど、昔からクィン・マンサ大好きで。だって見るからに強そうだし、でかいし…。

 

発売を知った時にはすでに一次受注は終了していたので、二次受注で発注。これまでも立体化されたことは確か一度か二度はあったと思うけど、いずれもサイズ的に他の1/144のガンプラと比べると小さすぎたんですよね。

 

今回のASSAULT KINGDOMはプラモデルではなく塗装済み完成品のフィギュアだけど関節は良く動くし、とにかくサイズの面ではジャスト。設定上は1/144のガンプラと並べるとこんなもんではないんだけど、これ以上デカイと正直邪魔なので(笑)これぐらいが最適です。

 

では、早速開封!

 

DSC_1667

 

こういう形で入ってると、とてもおもちゃっぽい。

次、中身取り出してみます。

 

DSC_1668

 

セット一式。本体の他は肩バインダー、バックパック、尻のアーマー、アンテナが硬質と軟質二種、平手と握り手、ビームサーベル、ビームサーベルの柄の部分(バインダーに収納)、袖用ビーム、スタンド、あとガムです。そう、これはガムのおまけ。食玩なのだ!14,000円の。

DSC_1669

 

そして組み立ててみた。サイズ比較のため、1/144のザクと並べてみる。うん、ちょうどいいサイズ。ちなみにこのザクは高校の文化祭で100円とかでゲットしたやつです。

 

まあモールドが浅くて少ない、合わせ目が目立つ部分がある、塗装のはみ出しが少しある、ということでわりとチープな作りなんだけど、このサイズでクィン・マンサが立体化されただけでもありがたい。スミ入れとつや消しトップコートしてみようと思います。そうすればもっと締まるかな。

 

 

あと実はこれも届いたのでした。同じくプレミアムバンダイ限定のやつで、前から注文してたやつ。

これについてはまた今度!

DSC_1666

キュベレイMk-II (プルツー専用機)

いやー買ってしまいました。

 

 

キュベレイMk-II (プルツー専用機)!!カッコいい!!

あ、画像はプレミアムバンダイHPからの完成見本です。

数量限定受注品なので4月にならないと届きません。

http://p-bandai.jp/hobby/special-1000005884/

プレミアムバンダイ限定品ということで、一般の店頭では並ばないみたいですね。

 

実は今回のガンプラ熱再燃にともない、つい先月プレミアムバンダイに登録してアプリもインストールしたんですけど、ほんと見るだけで楽しいサイトですね。

完全に我々大人向け。殺しにかかってます。

 

そもそも先月プレミアムバンダイに登録した理由は、ASSAULT KINGDOMというシリーズ(プラモデルではなくフィギュア)であのクィン・マンサが販売されていたから!クィン・マンサといえばもう、手が届かない大物感ありますよね。超重要キャラであるにもかかわらず全然キット化されなくて。立体の商品が出たとしても「あれ…小さい」みたいな。

でもこれは相当大きそうです。作りもよさげでめちゃくちゃ楽しみ。

 

で、キュベレイの話なんですけど、これは当然濃紺の方も出るよね?白いのはMGで持ってるので、HGで買い直すつもりはないんだけど、やっぱり白・朱・紺で揃えたいところ。

 

出るのは確実だと思うけど、いつになるんだろう…。