TV版『機動戦士Zガンダム』を観終わって

昨年の暮れからCSのアニマックスにて再放送されていた『機動戦士Zガンダム』をようやく観終わりました。
観たのは1985年の初回放送以来だから、実に32年ぶり。あの頃小さな子供だった僕も、今では大きな子供になりました(笑) まさかアラフォーになってもガンプラ作ってるとはね!

 

今回の再放送は毎週2話ずつ一挙に放送されたので、今年の5月くらいにはすでに最終回の放送を迎えていたわけですが、僕はほぼ一年くらいかけてじっくりと観ました。10話観たらまたその10話を観返す、みたいな感じで。というのもやはり話とかそれぞれの組織の関係性とか難しいし、細かいセリフを追っていくと後々の伏線があったり、その人のキャラがよく表れていたり、ツッコミどころがあったり…と繰り返し観ることによっていろんな発見があったから。ホンコンのビルに「BANDAI」の看板があったり、1年戦争時の古いゲルググがあったところに「SUNRISE」の文字があったりとかも。

 

32年前の初回放送時はまだ5歳くらいなので、正直内容は全く覚えていませんでした。もちろんその後に見聞きしたいろんな情報によって、誰が死ぬとか、カミーユが最後どうなるとかはわかっていたけど細かいシーンやセリフは覚えていなくて。なので今回が初見みたいな感じで観れました。

 

あらためて観ると、それぞれのキャラがとても魅力的でしたね。クワトロことシャアの、カミーユに殴られたり逮捕されたりベンチで泣いてたりとダメ男全開っぷりにとても親近感覚えたり、ジェリドの毎回の「もらった!死ねカミーユ!なにっ!?ぐわーーーーっ!」のザコっぷり(そして悪運の強さ)に大笑いしたり。シャアとジェリドはほんと愛すべきキャラクターですね。

 

キャラと言えば、Zは女性陣も魅力的。僕はエマ・シーンとハマーン・カーンが特に好きですね。ライラ・ミラ・ライラやファ・ユイレィもいいですが。ロザミィが「お兄ちゃーん!」言ってる時のファの嫉妬っぷりはとてもかわいい。僕はツンデレが好きなんですかね。

 

で、最終回「宇宙を駆ける」とその前の「生命散って」は、はっきり言ってすさまじかったですね。壮絶というか。終盤は1話ごとに1名か2名、アポリー、ジャミトフ、サラ、バスクって感じで主要キャラが死んでいきました。しかし「生命散って」ではまず最初の15分でカツ、ヘンケン、ジェリドが死んで、さらに後半15分でレコア、あとエマが瀕死で。まさに「生命散って」ですよ。

 

でも好きなエマの死がとても丁寧に描かれていたのは良かったです。MSが爆発して一瞬で死ぬとかちょっと悲しすぎますね。放棄された戦艦の中で横たわり、カミーユに看取られながら静かに息を引き取り、「カミーユ、行きます!」とハッチを開けて無重力状態になりスッと浮くエマ。そしてコロニーレーザーにより光に包まれるエマの描写など、とても丁寧で美しく、感動的ですらありました。死んでしまったのは悲しいけど、こういう死の描き方ならだいぶ救われるなーと。

 

さて最終回ですが、何より衝撃だったのはカミーユの精神崩壊後の描き方です。普通のアニメであれば、アーガマに帰還してブライトたちがカミーユの心配をしている描写があったり、ヘンケンのナレーションで「シロッコの死によって指示系統を失ったティターンズはその後…」「かくしてグリプス戦役に終止符が…」みたいなものが入って、最終回っぽく終わると思うんですよね。でもカミーユの精神崩壊に対しファが「あああ…」となり、「おまえ(Mk-Ⅱ)もアーガマに戻りたいのね」のセリフの後は四肢がもげた百式が漂流するシーンのみ。いくら続編のZZがあるからと言って、ハマーンやアクシズがどうなったかの説明もないし、これどうなんですかね?後味悪すぎですよね!

zgundam

この時代にTwitterがあったらやばかったでしょうね。鉄血のオルフェンズですら、主人公が死に(ストーリー上の)敵側が勝っただけで大波乱でしたからね。勝ち負け不明で主人公が精神崩壊。しかも当時観ていた小中学生は自分含め精神崩壊の意味が分からなかったはず。
あのラストについていろいろググっていたら、とても面白い考察ブログを見つけたので紹介しておきます。とてもわかりやすい文章だし構成も練られていて巧いし、なるほど!という感じでサクサクと読めました。お時間あればぜひ。

『Zガンダム』のラストがどういう意味だったのか、ようやく分かった

 

しかしなんだかんだ言って、とても面白かったしいろんな意味でやはり名作だなあと思いました。11月からはいよいよ「機動戦士ガンダムZZ」の再放送も始まるし、やはり好きなMSが一番多いのはZとZZなので楽しみです。ZZを観るのも31年ぶり!

それと、劇場版Zは観たことがないので近いうちレンタルしてぜひ観てみたいと思います。

広告

前々回記事『鉄血のオルフェンズ 第二期第47話(22話)を見て結末を予測してみた』の反省会

明日正式発表らしい「トワイライト・アクシズ」アニメ化の報に心が躍らされっぱなしのわたしです。

だって、RジャジャとかガルスJとかバイアランとかザクⅢ改REVIVEとかのキット化のフラグが…ZZシリーズもこれから盛り上がっていく中で確実にこれらは出るでしょうね(バイアランはZシリーズだけど)。期待です。

 

それは明日以降にまた書くとして、今回はタイトルの通り反省会です。19日の放送48話を観て。なんとオルガがヒットマンに殺されてしまいましたね。で、ヒットマンの雇い主は誰なのかでかなり界隈がざわついています。

3

この時、「ああ…やばい…」と思いましたね。僕もようやく「フラグの勘」がわかってきました。

 

雇い主として有力な説はマクギリス、もしくはノブリス。最初は僕もマクギリスかと思いました。まずオルガがID書き換え作戦でアドモス商会に行くことを聞いていた時に「うわーそんな作戦マッキーにペラペラしゃべっちゃまずくない?大変なことになるで…」と思ってたんですよ。そしたら案の定ああなったので、やはり、と。

それに三日月をスカウトしてましたよね。でも三日月はオルガの言うことしか聞かず、自分についてきてくれない。三日月の力を手に入れるには、オルガが邪魔。動機はありました。

345

ただ、マクギリスが火星で人払いをしてヒットマンを雇う、そしてその準備をするというのは無理なんじゃないかと。前々回の放送で「調べることがある」といってどこかにいってたけど、これがその手配だとすると時系列おかしいし。あと、マクギリスにそんなヘイト集めるようなことしますかね。オルガもマクギリスも、鉄血のオルフェンズファンの中で「推しキャラ」にしてる人が多いじゃないですか。その2組に不毛な罵りあいをさせるようなこと、わざわざするか?

前回の放送の中で、ノブリスは裏切り者というかラスタルと通じてる、「悪役」として描かれてましたよね。動機とかは弱いけど、やはりノブリスの仕業なのでは。ただ独断であり、ラスタルの指示ではなさそう。

27.png

さて前回「三日月はラスタルを倒すものの死ぬ」と予測したけど、オルガが死んだことでやっぱり三日月は生き残るんだと思うようになりました。でもメリビットさん…前回フラグ立ってましたよね。どうなるんだろう。

 

三日月…ボロボロの不随になりながらも死にはしない

メリビット…死?

マクギリス…ガエリオと戦い生死不明状態に(続編へ)

ガエリオ、イオク…生存しギャラルホルンを再建する

ラスタル…死

ジュリエッタ…このまま生存、もしくはラスタルと共に死

 

かな。ジュリエッタ推しなので生き残ってほしんだけど、ラスタルは死ぬと思うんですよね。でもMS操る人ではないから、戦艦とか基地ごとなのではと。となると医療プール内のジュリエッタも巻き添えくらうのでは?ただそれだと生かしておいた意味がないんですよね…。うーん難しい。だからこそ面白いと思います。

 

あとザック、最後の危険な場面で戻ってきて救世主的な役割を果たすと予測していたけどあっさり戻ってきましたね!やられた!

 

さて残り2回。楽しみです!

 

 

【ネタバレ注意】鉄血のオルフェンズ 第二期第47話(22話)を見て結末を予測してみた

「鉄血のオルフェンズ」、本日第47話が放送されました。全50話なのであと3話ですね。

今回の放送は、結末を予測するうえでとても重要な回だったのではと思います。これまで「どうなるんだろう…」という感じだったけど、結末の伏線とかがいくつか垣間見えました。というわけで、大胆にも僕なりに予測してみました。第47話を観ていない方はネタバレあるのでご注意を。

 

まずその前に、結末を予測するうえで重要なのが声優さんのラジオでの発言。まとめると

・ガンダムとして新しい終わり方

・辛いけど希望は残った

・今までの三日月観が覆る

・希望は残る

ということらしいです。ソースはまとめ掲示板ですが。

 

 

ここでいう「希望」とは?それは間違いなく今回明らかになった、三日月とアトラの子供でしょう。

ib-3

もしかしたらクーデリアにも子供出来るかもしれないけど、さすがにそれは…でも44話のこの描写からの

ib-4

妊娠ですからね。3人で抱き合ってましたからね。もちろん露骨な性描写は時間帯や対象年齢層を考えてもないのは当たり前だし、3Pなんてハァ?という感じではあるけど、クーデリアの妊娠もなくはないなと。まあ可能性としては20%くらいですよ?僕の予想でも。

ib-5

 

しかし、「希望」が子供のことだとすると「新しい終わり方で、辛い結末だけど子供は生まれる」ということですよね?これはつまり三日月が死ぬことを暗示しているのではないでしょうか。

 

あともう一つ言えるのは、アトラは生き残るということです。そうじゃないと子供産まれないので、希望残りませんからね。あと「あの日」を回想する語り部としてクーデリアがいるので、クーデリアも生き残るのかなと。

 

 

次に、「ラスボスは誰か?」という点です。ギャラルホルン側のラスタル、イオク、ガエリオ、ジュリエッタが誰も死ぬことなく三日月が死ぬなんて、アニメとして成立しません。誰かしらは倒されるでしょう。

しかしイオクやガエリオを倒したところで、結局何にもなりませんよね。今回の放送が示していたのは、ラスタル=「最後に倒されるラスボス」ということでした。

ラスタルとオルガが通信で交渉しましたよね。その時のラスタルが言うには、要約すると「マクギリスを倒しただけでは権力を誇示し世界を立て直すことはできない。指導者として支配力を示すには鉄火団もつぶさないと」ということでした。仮想敵を作って叩くことで強い国を作る、アメリカのブッシュ元大統領がやった、そしてトランプ大統領が今やろうとしていることと同じ手法ですね。

ib-6

 

鉄火団を応援している視聴者の多くは思ったはず。「ラスタルひでえ。倒せ!」と。これぞラスボスたるゆえんです。マクギリスやガエリオはファンもいるので、ラスボスとして「倒してスカッとする相手」ではないんですよね。ちなみにジャスレイを倒した時も、ラフタの死ということで視聴者に「ジャスレイ倒せ!」という感情を植え付けました。まあこれはバトル系アニメのお約束ともいえる手法ですが。

ということで、ラストはラスタルを倒す。だけど三日月も死ぬ。だろうなと思います。

 

それと今回重要だったのはザック。

ib-2

抜けましたよね。これ重要ですよ。ザックが今後重要な役割を果たします。おそらく鉄火団の危機を救い、ラスタルを倒すのに一躍買うでしょう。

なぜなら、ここで抜けて今後出てこない、もしくは蚊帳の外なんてことはストーリー上意味がないからです。抜ける意味がない。抜けるということは、鉄火団が窮地に追い込まれた際に「あれは…ザ、ザック!」みたいな感じで戻ってくるんです。ザックは理性的で頭がいいキャラなので、それがただの薄情で度胸のないキャラで終わるわけがありません。が、もしくは窮地を救ってザックが死ぬ可能性もなくはないです。いずれにしても、クライマックスにおけるキーマンになるのではと。

 

もうひとつ、これは最終回ではなく次回辺りに明らかになるかもしれませんが、今回気になったこと。

「で、あのヤロー(マクギリス)は」

「個人的に調べることがあるとか言って、さっき出てったよ」

 

マクギリスは何を調べてるんでしょうか?これはおそらく地下に眠っているMAなのでは。勢力では完全に劣っているマクギリス&鉄火団ですが、ラスタルを倒すならMAの力を使わないと無理でしょう。そして第二期のハシュマル戦もそのための布石と考えれば、ただの尺伸ばしではなく意味のあるセクションとしてストーリーが繋がります。問題はMAは鉄火団&マクギリスにとっても味方ではないということですが…。

 

MA登場となれば、またイオクがやらかしそうです。今回の放送でも、「私にやらせてください!」みたいな感じだったし。

 

ただ、ラスタルが倒されて三日月が死んでも、ラスタル陣営が全滅するわけではないでしょう。ラスタル以外のキャラがラスタルの遺志を受け継ぎ、新しいギャラルホルンを作っていくという結末なのではと思います。ガエリオもイオクも生き残るんじゃないでしょうか。あと今回出てこなかったジュリエッタも、このまま療養中に戦いが終わって生存じゃないかな。

今日の放送でニュースで鉄火団らが反逆者として報道されてしまったので、単に鉄火団が戦いに勝ったところで反逆者のままです。

鉄火団が全滅するのも終わり方として悲し過ぎるので、何とか通信ができるようになり、地球に戻れるようになることで生き残った鉄火団らは今回放送の作戦通りIDを書き換えて生き延びるんじゃないでしょうか。

ib-8

 

ただ、問題はラスタルだけがどうやって倒されるか?ということです。ラスタルは自らMSを駆って前線で戦うキャラではないですし。ラスタルのいる本拠地をMAがピンポイントで狙いますかね…。そこは疑問です。あと、MAを最終的にどうするのかも。

 

残りあと3話、楽しみです!

 

 

 

 

 

 

ガンダムブログ、始めまーす!

何かしらのキッカケでこのブログに辿りついた皆様、はじめましてzakudakuと言います(もちろんペンネームです^^)。

僕は普段は音楽系のメディアにたずさわったり音楽ブログを書いたりしつつ、音楽とは関係ない職業に就いている36歳(男)です。この度ガンダムネタ専用(というか、ほぼガンプラネタ?)のブログを立ち上げることにしました。よろしく。

 

突然ですが、今日2016年2月22日は何の日かご存知でしょうか?

 

…実は、僕の結婚記念日なんです!!(°⍢°)

 

ではなく!(いや、本当だけど)

今日は「機動戦士Zガンダム」の最終回が放送されてからちょうど30年の日なんです。

 

 

いやあ、これは子供ながらに(当時6歳)衝撃を受けたものです。だってアニメの主人公が最終回で敵を倒した後に精神崩壊してしまうんですから…。

さて、そんな日にガンダムに関することだけを書くブログを始めてみました。まずは、なぜガンダムブログを始めるに至ったかを書こうと思います。うわー、自分語り大好きなタイプだ、こいつ!

 

実は僕は、子供の頃からずっとガンダムファンだったわけではありません。

先に書いたように、僕は音楽が好きで、洋楽のインディーロックだったりクラブ・ミュージックだったりを中心にUSメインストリームや邦楽なども聴きつつ、そんなネタでブログも書いたりしています。今も。

本格的に音楽に入れ込むようになったのは高校生のときで、それからはガンダムなんて興味も失っていたし、プラモデルにも興味なかった。もっと言えばアニメにも全く興味がなかったです。音楽一筋でした。

そもそも音楽好きになった最初のキッカケというのが、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」のメインテーマに起用されていたTM NETWORKなんです。そこからいろいろすべてが始まって、今音楽イベントでDJやらせてもらったり、バンドやったり、PCで音楽作ったり、まあいろい ろと。

4つ上の兄の影響で子供の頃からガンプラをよく作ってたんですけど、確か一番最初はメッサーラだったんじゃなかったかな?それからジャムル・フィンとかガ・ゾウムとか。ZシリーズとZZシリーズの頃でした。あ、お気付きかもしれませんがジオン系MSが好きでした。

でも、6歳とか7歳ではかなりハードル高かったですね。塗装とか合わせ目消しなんて無理だし、あの頃のプラモデルは素組みだとダサくてダサくて(笑)。

で、そんな時に兄が「バウンド・ドックのプラモが出てるぞ!」って。バウンド・ドック、大好きだったのにキット化されなかったんだよね…。それで、テンション上がったんだけど「ナニコレ?」って。まあBB戦士だったというね。

images

 

とにかくBB戦士のバウンド・ドック買ってみたら、うおー、自分でも簡単に作れる!って。それからはめちゃくちゃBB戦士集めましたね。1個300円とか500円とかだし。クリスマスに4、5個まとめて買ってもらったり。

…で、いつまで買ってたのかな?と思ってカタログ調べてみたけど、最後に買ったのはカタログNo.108「雷帝千生神将軍」でした。93年1月発売。すでにこの頃中学生だったけど。

で、この頃にBB戦士買うのやめたのって、ちゃんと理由があるんですよ。が、ちょっと長くなってきたのでその答えはまた次回ということで!え、引っ張るほどの話でもないよ?