【完成版画像集】レギンレイズ・ロザミア(レギンレイズジュリア ミキシング作品)

さて、レギンレイズジュリアのミキシング製作が終了しました!ミキシングは初挑戦だったのですが、いろいろと設定のイメージを膨らますのがとても楽しかったです。今後もガラッゾやマンロディなどミキシングで製作予定です(少し進んでます)。

レギンレイズジュリアの製作記はこちら

 

さて今回はコンセプトが「ロザミア・バダム専用機」「バウンド・ドックのオマージュ」ということで、素体のレギンレイズジュリアが持つケレン味を活かしつつ、宇宙世紀っぽさや強化人間専用機っぽさ、そして変形機構を取り入れました。ちなみに全て筆塗りです。

DSC_4692

DSC_4694

DSC_4696

バックショット。背部には偵察用の子機としてBB戦士バウンド・ドックのMA形態をマウント。ネオジム磁石で接続しています。百均で買ったんだけど便利ですね。強力すぎて困るくらい。

 

DSC_4692

DSC_4693

各所のグリーンの動力パイプはリード線を使用。また、脚部にはバイアランカスタムのアームを装備。

 

DSC_4698

レギンレイズジュリアは脚部を変形させないと自立できなかったけど、こちらはカカトがあるので自立が可能です。

 

DSC_4699

パーツとしては腕と腕カバーにノイエ・ジール、右肩にBB戦士ギラ・ドーガ、脚部にバイアランカスタムのアーム、お腹にガンダムキマリスの余剰パーツ、ウエストの延長にレギンレイズジュリアの余剰パーツ、子機のバウンド・ドックMA形態の底部にBB戦士ジオングのバーニアを使用。

 

DSC_4702

ジュリアンソードの装甲部分はリアアーマーに接着しました。

 

さてここからが本番。バウンド・ドックのようにMAには変形しませんが、殲滅モードに変形します。

DSC_4708

ケレン味の塊のような異形のフォルム!!殲滅モードの際、子機は分離します。

DSC_4709

お気づきかと思いますが、バウンド・ドックの脚にあたる部分はレギンレイズジュリアの改造で余剰となったハンドパーツを使用しています。…しかし、アクションベースにピント合わせてどーする…笑

 

DSC_4712

真横から見ると異形感がすごいです。

 

DSC_4717

あ…リアアーマーに思いっきりジオンマーク入ってるんですが、これは完全にミスです。ロザミア機ということをつい忘れて設定ガン無視して貼ってしまいました。

 

DSC_4718

BB戦士バウンド・ドックの耳を付けたのは遊び心というか、オマージュ。

 

一番苦労したのは頭部のアンテナ。腕カバーを変形時に被せられるよう、このように開閉式に。

 

DSC_4719

姉妹機とも言えるバウンド・ドックとツーショット。バウンド・ドックはプラモデルでは未キット化機体のため、こちらはMS IN ACTION!!です。サイズは同じくらいですね。

 

敵対勢力系のMSを機体の色別で分け、4機編成の小隊を作っているのですが、これで赤の小隊が揃いました。小隊長はROBOT魂のゲーマルク。ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)は造形的な好みからHGではなくHCM-PROなので小さめです。

DSC_4700

赤いMSってもっと他にいろいろあるのになぜこのチョイス?となるかもしれませんが、シャアやシーマ様の搭乗機は別の部隊所属、というかラスボスとか親衛隊的なところにいますのであしからず。

 

DSC_4729

オマケの親子(?)飛行。かわええなあ。

 

 

 

 

広告

【ガンプラ製作記#5】HGIBO 1/144 レギンレイズジュリア

久々のガンプラ製作記です。と言っても書いてるもの以外もちょいちょい作ってるんですけどね。

今回は『鉄血のオルフェンズ』シリーズからジュリエッタ・ジュリスの搭乗機でありラスボス的機体であるレギンレイズジュリアを製作しました。ちなみにほぼ完成してから製作記を書くというスタイルです笑

 

鉄血シリーズからHGを製作するのは今回が初です。これまでに製作したのは1/100フルメカニクスのガンダムキマリス(ブースター装備)とキマリストルーパーだけでしたからね。

ネオジオンやティターンズ系のケレン味のあるMSが好きな僕にとって、鉄血シリーズの中ではレギンレイズジュリアは設定画が公開された当初から気に入っていました。

DSC_3804

DSC_3810

 

 

DSC_3806

うん、トゲトゲした感じがかっこいい!

 

ただ、やはりモノアイ系にしたいなと思ったのと緑と白という組み合わせが気に入らなかったので色を変えたいなと。頭部の緑と白の境目を広げればモノアイスリットっぽくなるかな?

カラーリングに関しては、赤系が似合うのかなーと。最初の案ではライラ・ミラ・ライラの搭乗機として、ガルバルディβ風のカラーを考えていたんですが、途中でバウンド・ドック風カラーにしてロザミア・バダム搭乗機にしようと決めました。

 

イメージイラストがこちら。

3f834918-s

適当な感じですいません笑 ただ、イメージだけつかめればいいかなと。

 

後は、ミキシングしようといろいろ遊んでみました。ちょうどノイエ・ジールをHGM 1/550 からガンダムコレクションのやつに切り替えたので、HGMの方がジャンクになったのでここからいろいろ持ってこようかと。

DSC_3812

 

なんと、ノイエ・ジールの腕が無改造で付きました!これは良さげですね。

 

尻尾みたいなタンク部?これは何かに使えそう…

 

dsc_4209.jpg

ふくらはぎの装甲をいろいろいじくりまして

 

DSC_4211DSC_4212DSC_4216

 

頭部はいろいろとバラシて、パンの袋を縛る針金で細工。そして…

 

dsc_4667.jpg

 

いざ塗装!筆塗りです。

 

DSC_4669

 

あ、いろいろエッジも尖らせておきました。ジュリアンソードとつま先のソード。それぞれ左は加工前、右が加工後。

 

次回、完成画像を掲載します^^

 

 

前々回記事『鉄血のオルフェンズ 第二期第47話(22話)を見て結末を予測してみた』の反省会

明日正式発表らしい「トワイライト・アクシズ」アニメ化の報に心が躍らされっぱなしのわたしです。

だって、RジャジャとかガルスJとかバイアランとかザクⅢ改REVIVEとかのキット化のフラグが…ZZシリーズもこれから盛り上がっていく中で確実にこれらは出るでしょうね(バイアランはZシリーズだけど)。期待です。

 

それは明日以降にまた書くとして、今回はタイトルの通り反省会です。19日の放送48話を観て。なんとオルガがヒットマンに殺されてしまいましたね。で、ヒットマンの雇い主は誰なのかでかなり界隈がざわついています。

3

この時、「ああ…やばい…」と思いましたね。僕もようやく「フラグの勘」がわかってきました。

 

雇い主として有力な説はマクギリス、もしくはノブリス。最初は僕もマクギリスかと思いました。まずオルガがID書き換え作戦でアドモス商会に行くことを聞いていた時に「うわーそんな作戦マッキーにペラペラしゃべっちゃまずくない?大変なことになるで…」と思ってたんですよ。そしたら案の定ああなったので、やはり、と。

それに三日月をスカウトしてましたよね。でも三日月はオルガの言うことしか聞かず、自分についてきてくれない。三日月の力を手に入れるには、オルガが邪魔。動機はありました。

345

ただ、マクギリスが火星で人払いをしてヒットマンを雇う、そしてその準備をするというのは無理なんじゃないかと。前々回の放送で「調べることがある」といってどこかにいってたけど、これがその手配だとすると時系列おかしいし。あと、マクギリスにそんなヘイト集めるようなことしますかね。オルガもマクギリスも、鉄血のオルフェンズファンの中で「推しキャラ」にしてる人が多いじゃないですか。その2組に不毛な罵りあいをさせるようなこと、わざわざするか?

前回の放送の中で、ノブリスは裏切り者というかラスタルと通じてる、「悪役」として描かれてましたよね。動機とかは弱いけど、やはりノブリスの仕業なのでは。ただ独断であり、ラスタルの指示ではなさそう。

27.png

さて前回「三日月はラスタルを倒すものの死ぬ」と予測したけど、オルガが死んだことでやっぱり三日月は生き残るんだと思うようになりました。でもメリビットさん…前回フラグ立ってましたよね。どうなるんだろう。

 

三日月…ボロボロの不随になりながらも死にはしない

メリビット…死?

マクギリス…ガエリオと戦い生死不明状態に(続編へ)

ガエリオ、イオク…生存しギャラルホルンを再建する

ラスタル…死

ジュリエッタ…このまま生存、もしくはラスタルと共に死

 

かな。ジュリエッタ推しなので生き残ってほしんだけど、ラスタルは死ぬと思うんですよね。でもMS操る人ではないから、戦艦とか基地ごとなのではと。となると医療プール内のジュリエッタも巻き添えくらうのでは?ただそれだと生かしておいた意味がないんですよね…。うーん難しい。だからこそ面白いと思います。

 

あとザック、最後の危険な場面で戻ってきて救世主的な役割を果たすと予測していたけどあっさり戻ってきましたね!やられた!

 

さて残り2回。楽しみです!

 

 

【ネタバレ注意】鉄血のオルフェンズ 第二期第47話(22話)を見て結末を予測してみた

「鉄血のオルフェンズ」、本日第47話が放送されました。全50話なのであと3話ですね。

今回の放送は、結末を予測するうえでとても重要な回だったのではと思います。これまで「どうなるんだろう…」という感じだったけど、結末の伏線とかがいくつか垣間見えました。というわけで、大胆にも僕なりに予測してみました。第47話を観ていない方はネタバレあるのでご注意を。

 

まずその前に、結末を予測するうえで重要なのが声優さんのラジオでの発言。まとめると

・ガンダムとして新しい終わり方

・辛いけど希望は残った

・今までの三日月観が覆る

・希望は残る

ということらしいです。ソースはまとめ掲示板ですが。

 

 

ここでいう「希望」とは?それは間違いなく今回明らかになった、三日月とアトラの子供でしょう。

ib-3

もしかしたらクーデリアにも子供出来るかもしれないけど、さすがにそれは…でも44話のこの描写からの

ib-4

妊娠ですからね。3人で抱き合ってましたからね。もちろん露骨な性描写は時間帯や対象年齢層を考えてもないのは当たり前だし、3Pなんてハァ?という感じではあるけど、クーデリアの妊娠もなくはないなと。まあ可能性としては20%くらいですよ?僕の予想でも。

ib-5

 

しかし、「希望」が子供のことだとすると「新しい終わり方で、辛い結末だけど子供は生まれる」ということですよね?これはつまり三日月が死ぬことを暗示しているのではないでしょうか。

 

あともう一つ言えるのは、アトラは生き残るということです。そうじゃないと子供産まれないので、希望残りませんからね。あと「あの日」を回想する語り部としてクーデリアがいるので、クーデリアも生き残るのかなと。

 

 

次に、「ラスボスは誰か?」という点です。ギャラルホルン側のラスタル、イオク、ガエリオ、ジュリエッタが誰も死ぬことなく三日月が死ぬなんて、アニメとして成立しません。誰かしらは倒されるでしょう。

しかしイオクやガエリオを倒したところで、結局何にもなりませんよね。今回の放送が示していたのは、ラスタル=「最後に倒されるラスボス」ということでした。

ラスタルとオルガが通信で交渉しましたよね。その時のラスタルが言うには、要約すると「マクギリスを倒しただけでは権力を誇示し世界を立て直すことはできない。指導者として支配力を示すには鉄火団もつぶさないと」ということでした。仮想敵を作って叩くことで強い国を作る、アメリカのブッシュ元大統領がやった、そしてトランプ大統領が今やろうとしていることと同じ手法ですね。

ib-6

 

鉄火団を応援している視聴者の多くは思ったはず。「ラスタルひでえ。倒せ!」と。これぞラスボスたるゆえんです。マクギリスやガエリオはファンもいるので、ラスボスとして「倒してスカッとする相手」ではないんですよね。ちなみにジャスレイを倒した時も、ラフタの死ということで視聴者に「ジャスレイ倒せ!」という感情を植え付けました。まあこれはバトル系アニメのお約束ともいえる手法ですが。

ということで、ラストはラスタルを倒す。だけど三日月も死ぬ。だろうなと思います。

 

それと今回重要だったのはザック。

ib-2

抜けましたよね。これ重要ですよ。ザックが今後重要な役割を果たします。おそらく鉄火団の危機を救い、ラスタルを倒すのに一躍買うでしょう。

なぜなら、ここで抜けて今後出てこない、もしくは蚊帳の外なんてことはストーリー上意味がないからです。抜ける意味がない。抜けるということは、鉄火団が窮地に追い込まれた際に「あれは…ザ、ザック!」みたいな感じで戻ってくるんです。ザックは理性的で頭がいいキャラなので、それがただの薄情で度胸のないキャラで終わるわけがありません。が、もしくは窮地を救ってザックが死ぬ可能性もなくはないです。いずれにしても、クライマックスにおけるキーマンになるのではと。

 

もうひとつ、これは最終回ではなく次回辺りに明らかになるかもしれませんが、今回気になったこと。

「で、あのヤロー(マクギリス)は」

「個人的に調べることがあるとか言って、さっき出てったよ」

 

マクギリスは何を調べてるんでしょうか?これはおそらく地下に眠っているMAなのでは。勢力では完全に劣っているマクギリス&鉄火団ですが、ラスタルを倒すならMAの力を使わないと無理でしょう。そして第二期のハシュマル戦もそのための布石と考えれば、ただの尺伸ばしではなく意味のあるセクションとしてストーリーが繋がります。問題はMAは鉄火団&マクギリスにとっても味方ではないということですが…。

 

MA登場となれば、またイオクがやらかしそうです。今回の放送でも、「私にやらせてください!」みたいな感じだったし。

 

ただ、ラスタルが倒されて三日月が死んでも、ラスタル陣営が全滅するわけではないでしょう。ラスタル以外のキャラがラスタルの遺志を受け継ぎ、新しいギャラルホルンを作っていくという結末なのではと思います。ガエリオもイオクも生き残るんじゃないでしょうか。あと今回出てこなかったジュリエッタも、このまま療養中に戦いが終わって生存じゃないかな。

今日の放送でニュースで鉄火団らが反逆者として報道されてしまったので、単に鉄火団が戦いに勝ったところで反逆者のままです。

鉄火団が全滅するのも終わり方として悲し過ぎるので、何とか通信ができるようになり、地球に戻れるようになることで生き残った鉄火団らは今回放送の作戦通りIDを書き換えて生き延びるんじゃないでしょうか。

ib-8

 

ただ、問題はラスタルだけがどうやって倒されるか?ということです。ラスタルは自らMSを駆って前線で戦うキャラではないですし。ラスタルのいる本拠地をMAがピンポイントで狙いますかね…。そこは疑問です。あと、MAを最終的にどうするのかも。

 

残りあと3話、楽しみです!

 

 

 

 

 

 

ヘルムヴィーゲ・リンカー

11日、「鉄血のオルフェンズ」を初めて観ました。

やはり宇宙世紀が好きなので、これまでプラモデルはガンダムバルバトス、ガンダムキマリス、キマリストルーパーを買いつつもTVアニメ自体には興味がなかったんですけど。

 

放送を観た目的は、「ヘルムヴィーゲ・リンカー」が観たかったから!

 

これは先日ガンプラEXPOのレポートでも触れましたが、この期待を観たときにスゲーかっこいい!と思いまして。全体のカラーリングも気になったので。青と、黄土色?ゴールド?っぽい組み合わせですね。白系を期待してたけどこれもかっこいいです。腕や太ももは青でもよかったと思うけど…。

 

さて、1月には1/144のプラモデルキットが発売されるようです。が、せっかくのマッシヴな機体なので、1/100で欲しいところ。発売されるでしょうか?

 

 

実はこの「ヘルムヴィーゲ・リンカー」という名前については、掲示板などでもいろいろ考察されていました。

 

そこでは「リンカー」はドイツ語で「左」の意味なのでそれに対するものとして右を表す「ヘルムヴィーゲ・リヒター」も登場するのでは?などと噂されていましたが、どうやらそうではなく、「リンカー」は「リンカーネーション」の意味とのこと。

tw

 

これを聞いてひと安心。なぜって、リヒターとリンカーの2機がいるとすると、大体それを率いるボス機がいるものだからです。ガズR・Lに対するゲーマルクとかね。

リヒターとリンカーがいて、さらにそのボスもいて、もしもリンカーの1/100キットが出るとしたら、その3体とも出ないとおかしい。でも数考えると、きっとそんなには1/100キット化されないと思います。せいぜいボス機のみでしょう。

 

でも今回、「リンカー」が「左」の意味ではなく、グリムゲルデの改修機ということが明らかになりました。グリムゲルデはヴァルキュリア・フレームを用い、1/100キット化されています(アニメ見ていないのになぜか詳しくなった笑)。ということは、フレームは流用すればいいのだからキット化もしやすい!グリムゲルデの改修機ということはそれなりに強く、それなりに重要なMSだと思います。であれば、1/100はキット出るはず!(駄洒落か…)

 

以前出てた、鉄血シリーズのキット化予定表です。

czzmiasukaeybxu

 

1/100シリーズは、11月にガンダムバルバトスルプス、12月にガンダムヴィダールが出ています。予定表通りですね。で、2月と3月にも1体ずつ出るようです。そのうち1体、2月に出る方はガンダム・フレームらしいです。これはガンダムバエルなのではと思います。となると3月はヘルムヴィーゲ・リンカー…!

ちなみにグリムゲルデは2016年の2月に1/144で出て、4月に1/100で出てますね。1/144のヘルムヴィーゲ・リンカーは1月に出るから…タイミング的にもばっちりなのでは!?期待して続報待ちます!