【完成版画像集】MS IN ACTION!! ザメル

2003年にMS IN ACTION!!で発売されたザメルの完成版画像集です。完成版と言ってもMS IN ACTION!!は塗装済み完成品なんですが、今回はスミイレ・部分塗装・デカール貼り・ウェザリング・つや消しトップコートを行っています。

まずはぐるりと。

DSC_3605

DSC_3604DSC_3606

「ガンダムに登場する全MSの中でも、最も砂漠が似合う」ということで砂漠を模したジオラマ風に撮ってみました。が、茶色い紙を使っているので砂漠というより岩山のようになってしまいましたねー。

 

それにしてもジ・O以上の重量感!そしてジブリ映画に登場する兵器っぽさ溢れるデザイン!ジオン系MSの兵器っぽさが好きな僕としてはたまりません。OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の中で唯一プラモデルでキット化されていないのですが、出ることはあるのでしょうか?キット化希望の意見の中でも結構見掛けますけど。

とりあえずガレージキットは高いしデカすぎるので、このMS IN ACTION!!くらいがちょうどいいですかね。これも結構プレ値っぽいですけど僕はオークションで比較的安価で入手しました。

 

DSC_3607

680mmカノン砲は展開したり折りたたんだりできます。折りたたんだ時にちゃんと後方の装甲に固定できるのが良いです!

 

 

DSC_3609

後方の装甲は取り外し可能!身軽になったぜ

 

 

DSC_3610

後方の装甲は内部のディテールも良くできています。金と銀のシリンダーは自分でリペイントしました。

 

DSC_3611

後方の装甲を移動砲台にするギミックもあり。これは本来の設定にはなく、MS IN ACTION!!オリジナルらしいです。こういう遊び心いいですね。

 

DSC_3612

ホバーエンジンのような造形のところに放射線マークのデカールなど貼ってみたり。まあ、核燃料使ってないとは思いますけど…笑

 

 

DSC_3613

デカールはジオンっぽさを意識しました。肩のミサイルランチャーの赤は何も色が付いていなかったのでガンダムマーカーのメタレッドで塗装。

DSC_3614

後方装甲や足の裏側のディテールがすごいです。砂漠仕様ということでホバー装置がびっしり。スミイレもなかなか大変でしたけどグッと引き締まりました。

 

 

以下は製作風景です。

DSC_3303

ウェザリングで砂漠っぽくかなり汚したんですが、プラスチックではなくPVC製なためかツキが悪く、トップコートしたらほとんど消えてしまいました。もっ たいない。しかもトップコート何度か吹いたんですけど、全然ツヤ消えないですねこの素材は。布製のサンドカバー部分だけはツヤを消したかったんですが。

 

DSC_3306

部分塗装は胴体側の腕の付け根の丸い部分と、指や手首の付け根を汎用グレーで筆塗り。あとはさきほども書いた後方装甲内部のシリンダーですね。しかしメタリックのマーカーをキレイに塗るコツ誰か教えて。

 

設定上頭部や腰、脚部の可動は全然ですが、そのぶん腕はよく動きます。あと分離・移動砲台ギミックなどプレイバリューも高いです。全高27mの大型MSですが、他の1/144キットと比べるとほぼ同じくらいの大きさなのでサイズ感はやや足りてないのですが、プラモで出る気配のない現状としてはこれでかなり満足できますね。

 

広告

MS IN ACTION! バウンド・ドック

近況報告など。10年くらい前に買ったMS IN ACTION!のバウンド・ドックですが、モノアイが塗装なので正面から見ても横から見てもモノアイの位置が変わらずつまらないのが気になってたんですよね、ずっと。

で、今までは技術もないし破損しそうで怖かったのでやらなかったんだけど、今回はモノアイ部分を彫り込んでクリアパーツを埋め込むというのをやってみました。

c1iyfvgusaatcmh-jpg-large

 

上の2枚が元々のモノアイです。

下2枚が今回の改造箇所。デザインナイフで削って、クリアパーツのランナーの端の丸い部分を使っています。

以前スミイレをしたんですけど、MS IN ACTION!はスミイレすると結構汚くなりますね…だいぶお見苦しいですが。モノアイ埋め込みは大成功!実は破損してしまうんじゃないかと不安だらけだったんですけどね

めっちゃカッコよくなったと思います。横から見たときにニラミ利かせられるのがいいですね。

【完成版画像集】MS IN ACTION!! RX-110 ガブスレイ

今回はMS IN ACTION!!なので最初から完成品でして、完成版もクソもないんですが写真貼っていきます。ちなみになんでMS IN ACTION!!のガブスレイをわざわざ今買ったかっていうのはこちらの記事にて。

 

やー、かっこいいっす。ガブスレイ。今回初めてかっこいいと思ったよ。やっぱ顔重要。

でもこれ、プロポーションもすごくいいと思うし、もちろん可動もすごく良いです。そして装甲裏とかまでモールドびっしり。軽くグレーでスミイレすると締まりますね。あと彩色も丁寧でした。

 

フェダーインライフル持たせたところ。背後に白い服の女性がいますが心霊写真ではなくテレビです(笑)

 

DSC_2915

DSC_2917

 

昆虫みたいなMA形態。手首外しと頭部カバーの差し替えと脚部の差し替えが必要だけど、よくできてるなー。ツメは可動。あと専用スタンドも付いてます。

 

DSC_2918

中間形態。

 

DSC_2919

差し替え用の足と。こうして見ると差し替えの足のつま先部分は実際のつまさきよりかなり小さいです。半分くらい?なので完全変形がどうあがいてもムリということがわかります。MS IN ACTION!!にしてもHGUCにしても完全変形だと結構もろい感じになりそうですね。だから差し替えでちょうどいいのかも。

サイズはHGUCよりも1,2センチ小さいです。でもまあいっかー。HGUCの頭だけMS IN ACTIONにしようかとも考えたけどバランスおかしくなるし、体のプロポーションも良かったのでこれで問題なし。

 

 

 

 

 

 

ガブスレイ

今日はZガンダムに登場するティターンズのMS、ガブスレイの話です。
またニッチなところ来ましたねー(笑)

ガブスレイは、僕の好物である敵対勢力系可変MSであり、
昆虫のようなMA形態も好きなのですが
カラーリング含め、MS形態はどうもあまり好きではなく…

HGUCガブスレイも特に興味はありませんでした。
正直、あんま見た目かっこよくないなあと。

でもガブスレイで適当に画像検索していると、
なにやら少し様子の違う、かっこいいガブスレイの立体物の画像がヒット。
HGUCのキットを改造したのかな?と思いよくよく見てみると、
それはMS IN ACTION!!のフィギュアでした。

このMS IN ACTION!!(以下MIA)、過去にはバウンド・ドックを買ったことがあります。
なんせキット化に恵まれない機体だったし、サイズも1/144サイズのプラモと並べて
違和感のないサイズだったのでとても気に入っています。

HGUCガブスレイの気に食わないところは
・でこっぱち
・目が細すぎ
・口が長すぎ
・肩あたりのシルエットがかっこよくない
といったところ。

 
でもこのMIAガブスレイはそのいずれも解消されていて、
まさに理想のガブスレイ像といったところ。

拾い画像ですが、頭部形状の比較。全然違いますね。

左がHGUC、右がMIA。


MIAガブスレイ、欲しい!しかし問題がいくつか。
まずはサイズ。バウンド・ドックは元々が大型なため
MIAの縮尺でも1/144キットと比べて違和感なかったけど
ガブスレイは普通サイズの期待なのでMIA縮尺だと
ちょっとHGUCよりも小さめ。
110mmらしい。HGUCだったら120mm~130mmは欲しいところ。
微妙なサイズ差かもしれないけど結構ここ重要ですよね。

もうひとつ問題。
これは完全に僕個人の要因なんだけど、
実はMSを集める際、「機体の色」がかなり重要な要素でして。
というのも、僕は色でオリジナル設定のチーム分けをしているのです。
チームというか、小隊ですね。
1部隊につき3機、色ごとに小隊を編成させるためにいろいろと集めてるんです。

例えば「緑の部隊」であればクィン・マンサを隊長として、
クシャトリヤとノイエ・ジール。
「青の部隊」だったらケンプファーを隊長に、
以下ギラ・ドーガ(レズン機)とゼク・アイン。
こんな感じ。

で、ガブスレイって茶色なんですけど
茶色の機体ってあまりないんですよね。
アッガイとか?でもアッガイとガブスレイ、どう考えても合わないでしょう…(笑)

そんな感じで、小隊を揃えることに目的を置いているので
いくらガブスレイが欲しくなっても「茶色1機じゃ意味ないなー」ってなるんです。
ただ危険なのが、「そうだ!これとこれ合わせれば3機になる!」ってやつで

 

つまり欲しい機体が1機増えると、一気に3機欲しい機体が増えるんです。
困ったもんです(笑)

今回も、昨日「ガブスレイ欲しいなー」ってなって
今朝は「やっぱ茶色1機だから買うのやめよう」ってなって、
でも夕方には欲しい茶色の機体がガブスレイ以外に2機増えていました。

厳密に言うと「茶色に仕上げる機体」ですけどね。
それは、
ドーベン・ウルフ
シュツルム・ガルス

どちらも本来は茶系ではないです。
ただ、かっこいいなとは思っていたけど元々の設定色が好きではなくて
買わないでいたもので、この2機って茶系で塗装したカッコいいんじゃね?
って想像したら、途端に欲しくなってきました。

ドーベン・ウルフを隊長として、
シュツルム・ガルスとガブスレイ。
まあそれも妙な組み合わせではありますが、渋くてかっこいい感じになるのではないかと思ってます。

あー、でもできればシュツルム・ガルスよりもガルスJがいい。出ないかなあ…。

第三期ガンプラブームが訪れるまで

前回の続きです。なぜ92年頃からBB戦士を買わなくなったのか。

 

それは、新しいTVシリーズのVガンダムの放送が始まったからでした。

 

「ZZ」以降ってしばらくTVアニメシリーズの放送なかったんですよね。OVAと映画ばかりで。映画「逆シャア」と「F91」は観に行ったんだけど、OVA「0083」とかは結局観てないっていう。

で、Vガンダムは久々のアニメだー!ということで毎回観てたしガンプラも買ったんだけど…

TY4902425410050.jpg

なんかダサい(笑)ちっちゃいし…

 

やっぱね、なんで自分はジオン系MSが好きかっていうとモノアイが好きだったんだよなー。

Vガンダムシリーズの敵機はみんな土偶みたいな顔で。

 

満足しきれず、F91シリーズのビギナ・ゼラとかベルガ・ギロスとかも買ったり。あとF90のいろんなタイプが出てたけどその辺も。

でも、高校3年の時に音楽にのめり込んでからはそれも終了。これにて第一期ガンプラブームが幕を閉じました。

 

第二期は大学生の頃だったと思う。バイト先の近くにプラモデル売り場があって、そこでMGのケンプファーを見つけて、MGすげーなと。さすがに大学生なので、パーツが多くて複雑でもむしろ作りがいがあって楽しかったですね。この頃「スミ入れ」を覚えました。HGシリーズもいくつか買ったなあ。

 

その後は「期」と呼べるほどではないけど、3年に一回くらいプチブームが来てたまに買ったり。幼い頃にキット化に憧れたクィン・マンサやバウンド・ドックの影を追ってクシャトリヤや、MS IN ACTIONのバウンド・ドック買ったり。

 

そして第3期ブーム、つまり今現在のブームが来たのは2015年の秋頃。ある日なにげなくTwitter見てたら、トレンドに「バーザム」ってあったんですよ。「バーザム」ってあのバーザム?でもなんでトレンドに?もしかして別の「バーザム」という何かな…と思いツイートを辿ってみたところ、あのバーザムでした。どうやらRe/100という新しいガンプラシリーズで発売が予定されていることのニュースだったらしい。

 

それで過去のリリース作品を見てみると、そこにナイチンゲールの名が!!

 

ナイチンゲールって、小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』の中に登場したMSで、当時その本で見ただけだったけどすごく好きだったんですよ。シャア専用で赤、重厚感がすさまじくて。

そしてさっそくナイチンゲールを購入。作結構アッサリしてたけど、このサイズでこの値段って考えると妥当か。むしろMGばりに作りこんでたら2万じゃ効かないだろうからちょうど良かったと思う。

こちらがその、僕が作ったナイチンゲール。組んで、スミ入れとデカールのみ。

DSC_1460
Nightingale

かっけえええーーー!!そこからブーム再燃。ここしばらくは何が出ているのかも把握してなかったから、カタログいろいろと調べてみたら欲しいのがいろいろと出てきて、今に至るというわけです。